忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

烈火の契り(秀香穂里)




烈火の契り (キャラ文庫 し 2-11)

秀 香穂里 (著), 彩 (イラスト)

商品の詳細

文庫: 237ページ
出版社: 徳間書店 (2007/6/23)
発売日: 2007/6/23


(あらすじ)
思い出が眠る島を守りたい!!リゾート開発の視察で、離島を訪れた斎たち不動産会社の一行。案内人は褐色の肌をした島の青年・高良―18年前、この島で夏を共にした相手だ。しかも高良は「おまえは俺のつがいなんだ」と謎の言葉を告げ、斎を無理やり抱いてきた!!拒みながらも、高良の愛撫に囚われていく斎…。けれど突然、チームの一人が謎の死を遂げ!?因習と伝承が息づく島のミステリアスLOVE。


イラストの彩さんが作家様の文章とマッチして、さらに沖縄の雰囲気と

サスペンスと恋愛と伝説にも近い 

因習のミステリアスな雰囲気を高めています

時期はずれのリゾート感覚と、2時間サスペンスドラマと

古い怪しげな伝説と言うか因習楽しみたい方にお勧めいたします(笑)




 開発の下見のため、

斎は昔ひと夏訪れたことがある、

現在は誰も住んでいない無人島を訪れると

そこにいたのは幼馴染であり、

ひと夏楽しい時間を共有した幼馴染の高良だった

そして事件が起きていく・・・・

無人島と言う特殊な場所で、過去の些細な出来事が積み重なり

恨みが噴出し

殺人事件がおこってしまう・・・・・

そこで過去の因習にも似た 伝説を守るもの「伝い手」としての存在

「つがい」の意味を知らされ

高良に翻弄されながら、生きると言うことを考えさせられ

性の喜びを開花していくのです(笑)

まぁ普通の日常生活では

「ありえへんーー」と突っ込みもでてくるでしょうが

そこはそれ、沖縄と言う異文化ですし(いいきりw)

楽しく怪しげな雰囲気にひたりたーいと言う方にお勧めです(笑)





拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People