忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説家は我が儘につき(秀香穂里)




小説家は我が儘につき (角川ルビー文庫 118-1) (文庫)
秀 香穂里 (著)
陸裕千景子(イラスト)


商品の詳細

文庫: 242ページ
出版社: 角川書店 (2008/2/1)
発売日: 2008/2/1


(あらすじ)

コンシェルジュとして働く篝貢継のホテルに、憧れていた人気小説家がVIP客として滞在することに。しかしそこへ現れたのは兄の友人で昔、貢継を散々苛めた古谷有司だった。以前と変わらない意地の悪さや我が侭、その上VIP客であることを振りかざしどんどんエスカレートしていく古谷の自分勝手な命令。ところが何とかして担当を外れようとした途端「俺の専属になるなら小説の続きを書く」なんてファン心理を見透かしたような脅しと共に身体を求められ!?傲慢小説家×勝ち気なコンシェルジュの淫らな密室ラブ・バトル。


挿絵さんは好きな方です

美しい色と繊細な絵柄がすきです

秀さんは、初ルビー文庫と言うことでしょうか?

なんからしさが無いというか・・・

お話自体は本当にBLの王道と言うか、お手本と言う感じで進んでいきます 。

ゴージャスでお高そうなホテルのスイートを

一月お借り上げできるくらいのお金持ちの攻め君は、

兄の同級生で幼い時から自分をからかって楽しむのを

生きがいにしているようなやつでした

好きな子を苛めたい気持ちは分かるんですがー

好きな子を見つけて離したくないのは分かるんですがー

なんで昔からすきなのに何年もたってから現れて、あまつにさえ

強姦というか無理やりその気にさせちゃうんでしょうか・・・・

しかも、篝貢継(受けくん)も職場の上司に訴えることすらしないで流されちゃうし・・・

という突込みが数々はありますが

乳首を弄られる受けくんが好きな方と

たのしーく、かるーく読みたい方にはお勧めです(笑)


『敏感すぎなんだよ、おまえ。 噛みまくってやる』






拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People