忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ふしだらな微熱(藤森 ちひろ )




ふしだらな微熱 (単行本)
藤森 ちひろ (著)
紺野けい子 (イラスト)

商品の詳細

単行本: 252ページ
出版社: リブレ出版 (2007/02)

(あらすじ)
躰の奥深くまで整復されて恍惚感に喘ぐ・・・・
親友に失恋した夜、堅物編集の聡は、野性的な色気に満ちた行きずりの男・マサヤと寝てしまう。誰の鼓動も感じたことがなかった内奥は、余すとこなく探られ、与えられる天やかな暑さに蕩けていく。ただ、彼の唇の感触はしらないまま・・・・・。
一夜限りの遊び。躰に潜むふしだらな熱に気づかぬ振りで割り切ろうとした聡だったが、取材先でマサヤと再会してしまい!?
全部奪われる。


正直にいいます・・・
紺野さんの絵の挿絵買いです(笑)

でも、買って損はなかったと思わせる一冊です

長年恋をしていた親友の結婚話にショックをうけ、一生に一度くらいはめをはずしてもいいんじゃないかと、行きずりの男の誘い文句にふらふらと彷徨い、とびっきりの快感を得てしまう聡

エロいです・・・
どこまでもエロエロに体を開かれ丹念に開発され尽くしていきます
肌の触れ合いすら経験したことの無い聡にとっては苦痛に近く感じるような快感でしたが
それによって、親友への片恋に踏ん切りもいつのまにかついていってしまったようです・・

一晩限りそう思っていたマサヤと再び出会いくどかれ、交際が始まっていくのです

愛される幸福に浸りながらも
この幸福が長続きしないと怯える聡の乙女のせつな系の心が揺れます(笑)

遠い昔の乙女ですがと補足しておきましょう・・・




「最初の日、なんでキスしなかったと思う?」

わからないと、と聡は首を振った。

「いつか俺のこと好きになってくれるまで、キスはしないって決めてたんだ。」



口説かれてみたい・・・(笑)

続編はさらに濃密で切ないです~


『滴る欲望と。その肌の感触しか、知らない。』

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People