忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

溺れる彼の恋心(義月 粧子)



溺れる彼の恋心 (リンクスロマンス) (単行本)
義月 粧子 (著)


商品の説明

内容(「MARC」データベースより)
交通事故にあい、初めての恋人に手酷く振られ、惨めな生活をしていた一哉。そんな中知りあいの竜二に声をかけられ、その誘いに乗ってしまう。だが失恋したばかりですぐ別な男に惹かれる自分に嫌悪し、2度目の誘いを断るが…。



商品の詳細

単行本: 226ページ
出版社: 幻冬舎コミックス (2007/10)
ISBN-10: 4344811348
ISBN-13: 978-4344811348
発売日: 2007/10
商品の寸法: 18.2 x 11.4 x 1.6 cm


義月さんお得意の「せつな系健気受け」です

単にアタシがそういうのが好みといえば好みなのかも(笑)

初めて自分の性癖に気がつき、愛し合った恋人に振られ仕事も失い

落ち込んでいた一哉が思い切って出かけたゲイバーで恋人の知人の竜二に

出会い恋に落ちてしまいます

前回の恋を失っているせいか、元々の性格なのか自分に対する評価が低く

セフレでもいいと健気に自分の立場をわきまえて竜二が与えてくれるもの

だけでいいと頑張っていましたが・・・

竜二の元妻が竜二の信頼する部下(宮村)と恋に落ちていることをしり

嫉妬で宮村と仕事を切り捨てようとしていましたが

それではこれからの竜二のためになら無いと判断した一哉は宮村と竜二の

間を取り持とうと頑張ります

仕事上はうまく治まりますが、結果的に竜二からの怒りを買い捨てられる

一哉の健気さが涙誘います;;)

ヤッパリと言う気持ちで悲嘆にくれますが、新たな店と仕事を手に入れ

成長していく一哉のそれからの物語がまたいいのです

男の手助けなくてもコレだけがんばっていけるんだよーと勢い込むわけで

もなく、ただ自然に心の中の竜二を思い、彼ならこういうときどうすると

心の支えにして頑張る一哉の成長物語がこの本の一番ぐっときたとこかも(笑)

結局、一哉を失って初めて恋だったと竜二も気がつきますし

嫉妬心も強く束縛したがりの竜二となりますが・・

それでいいんです

何故って一哉もまた束縛されたがり屋さんだから・・・・

割れ鍋になんとやらという言葉を思い出したのはアタシだけでは無いと思

います・・・・(笑)


あとがきで「アリバイ」のリンク作と言うことに気がつきました・・・

いまは無きエクスプリからの作品です

アレから何年たっているんでしょう・・・

せめて、アタシが内容を覚えていられるうちにして~(笑)





拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People