忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドアをノックするのは誰?(鳩村衣杏)



ドアをノックするのは誰? (二見シャレード文庫 は 3-6)

商品の詳細

文庫: 269ページ
出版社: 二見書房 (2007/3/29)
言語 日本語
ISBN-10: 4576070436
ISBN-13: 978-4576070438
発売日: 2007/3/29


内容紹介
甲田は大学助教授だが、かなりの遊び人。興味本位で美貌のサラリーマン・頼久に交際を申し込む。しかし思いがけないほどあっさりとOKが出て、トントン拍子に同居生活が始まると、すべてを捧げて尽くしてくれる頼久に甲田はメロメロに。そんなある日、甲田の別れたはずのセックスフレンドが家に乗り込んでくるが頼久は怒らず、その上“浮気のススメ”まで持ち出されてしまう。三歩下がって、三つ指突いて、女遊びに文句ひとつ言わず、家を守る――『妻の鑑』のようでありながら、スルリと腕をすり抜けていく頼久に、甲田の心中は複雑で…。「君は天使なのか、悪魔なのか…?」両想いなのに、何かがどんどんズレていく!?
ちょっとおかしくて切ない大人の恋物語。


作者様があとがきでコメディと書かれております

確かに文章のテンポといい、どこかずれた感覚といいコメディとして充分楽しめました(笑)

「未亡人」がテーマとして描かれている頼久は美人で仕事もできて人望も厚く家事も夜の生活も満点がでる人間なんですが

どこか違うと言う違和感で甲田は悩みます

違和感が「恋」ではなく「感情のない家族のぬけた穴を埋める存在としての自分」ということに気がついてしまうのです

弟と妹のためという義務感で生きてきた頼久にとって

甲田は新たな世話を必要とする義務のある恋人と言う認識でしかできなかったのです・・・

恋にもならなかったと甲田が消えて初めてコレが恋と気がつき
親を失ってから、初めて自分の感情に素直になるのです

テンポよく楽しんで読める一冊です(笑)


続編で甲田の友人の根本に自分と言う存在のアピールをするところ

ちょいゾクゾクとするほど素敵です



 

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People