忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラブレター(可南 さらさ )



可南 さらさ著
税込価格 : ¥898 (本体 : ¥855)
出版 : 幻冬舎コミックス
発売 : 幻冬舎
サイズ : 19cm / 258p
ISBN : 978-4-344-81020-4
発行年月 : 2007.11


内容説明
両親を亡くした広海は、父の友人だった安井の家にひきとられる。彼はぶっきらぼうだが優しい長男の良平に惹かれるが、ふられてしまう。2年後、広海はひとり暮らしをしている良平のもとに泊めてもらうが…。


可南さんお得意の『健気受け愛』とでもいいましょうか

とにかく切なさが素敵です

両親を亡くして父の友人に引き取られ、穏やかな生活に安寧としていると

思われている広海ですが

心の中はやはり不安で覆われております

父親がなくなったことは分かっているのに、

夢の中で不安と恐怖にさすらい続けるために夜に電気を消して眠ることが

できなかったり・・・

その中で広海の不安とともに一緒にいてくれた安井家の長男良平は

広海にとって、兄弟であり、恋しい人になってゆきます

安井家のみんなの温情にただ縋って生きることを良しとせず

大学に受かっていながらも自立して生きていこうとする広海は

最後に 自分のことを家族のようにしか思っていないとわかってる

良平と3日間だけ同じ時を共有したいと考え

東京で暮らしてる良平の元を訪れます

最後まで広海の恋情は良平に届くことはなかったですし

3日間と夢見てた生活も2日間で終わってしまいますが

広海は後悔することもなく

これからも美しい風景を見るたびに良平を思い

良平にこの景色を見せてあげたい

そしてそう思うだけで自分は幸せになれると思うことができる



「恋はたとえ実らなくても、とてもすばらしいものでした」


こう思うことができる広海の素直さもいいのですが

こういうことを思わせる男の 良平もいい男なんだろうなと

しみじみ思うことができる一冊です



「お前を全部もらうために、俺はどうしたらいい?」

言われてみたい・・(笑)

















拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People