忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チョコレートのように(ひちわ ゆか)



チョコレートのように (幻冬舎ルチル文庫 (ひ1-5)) (文庫)

商品の詳細

文庫: 287ページ
出版社: 幻冬舎コミックス (2007/11)
ISBN-10: 4344811607
ISBN-13: 978-4344811607
発売日: 2007/11
商品の寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm


(あらすじ)
「死ぬくらいなら、そのカラダ、俺によこせ」。―信頼していた同僚に裏切られた京一に、橋の上で声をかけてきたのは、印象的な声をした謎の男・梶本だった。同僚への復讐に手を貸すというその男は、京一を強引な手腕で変身させ、これまで知らなかった強烈な『快楽』で蕩かしていくが…。その後のラブラブな2人を描いた書き下ろしも収録。



作者様があとがきで書いているようにまさにBLの「お約束」というか

王道ともいうべき作品のような気がします

地味で冴えない京一は仕事を信頼していた同僚に裏切られ奪われ

橋の上で絶望と言う気分に浸ってるとき

チョコレートの香りのする強引な王子様に出会い

まずは容姿から変わっていくことを教えてもらっていくのです

ある意味BL版シンデレラストーリーw!!!

ただしこの王子様正統派ではございません

いつもどこかしらにチョコレートを持っていますし

趣味はアニメ観賞

昔懐かしい「アルプスの少女ハイジ」とか「フランダースの犬」で

パトラッシュが死んだりする場面で号泣できる王子様ですが(笑)

エロも濃いです(笑)



「死ぬくらいならそのカラダ俺によこせ」



拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People