忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花嫁は貴族の愛に奪われる (遠野 春日)



花嫁は貴族の愛に奪われる (SHY NOVELS 196) (新書)
遠野 春日 (著)
北畠 あけ乃 (イラスト)

商品の詳細

新書: 223ページ
出版社: 大洋図書 (2007/10/26)
発売日: 2007/10/26




内容紹介
倉光子爵の庶子として生まれた伊深彩人は、避暑に訪れていた
別荘の窓越しにひとりの美しい男と出逢った。
言葉もなく、窓越しにみつめあったふたり。
それが、運命を狂わせることになるなど、そのとき彩人には知る由もなく・・・
夏も終わったある日、彩人には父である倉光子爵の命令により、
興津伯爵家の次男・孝雅の婚約者のふりをすることになる。
男の身である自分をなぜ孝雅は婚約者として扱うのか?
疑問に思いつつも、ひとときのことと覚悟した彩人だが、真意のわからない孝雅に惹かれながらも翻弄されて・・・・



 日本版ヒストリカルハーレクインとお呼びしたらいいのでしょうか・・
大正浪漫の香りがそこはかとなく漂っております

ひと夏を母と別荘で過ごしていた彩人は窓の下を散歩する青年紳士に心魅かれていきます
ただ、それだけの出来事だったはずなのに・・・

母とともに静かに生きていくことを受け入れていた彩人のもとに突然父が訪問し、運命が急展開を迎えます

母と引き離されて、父の元に引き取られることになり
あの夏の日にであった彼の婚約者として女であるように強制されてしまうのです

 日本男児のゆえでしょうか
孝雅の説明が少なく、婚約者であれと強制し、無理やりに近いように
妻として彩人を向かえ、戸籍すら書きかえられていました

運命のなすがままに妻として体も心も孝雅の手によって作り変えられていく場面がほのかに萌えかな(笑)


   「きみは私と結婚し、私の妻になるのだ」
男手あることを捨て、孝雅の花嫁として生きることになった彩人だが・・・

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People