忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この愛、売ります(妃川 蛍 )

 ほんとうは購入予定でもなんでもなく、ましてやこの作者様の本を読むのは初めてと言うLianhaです・・・

何の気なしに手にとって、あらすじと内容チラ見して、絵がきれいだしー
まぁものはためしにと言う感覚でした

でも、コレが、アタシの萌えの再会、勘違いラブ・・

買わなきゃ、読まなきゃということで

一気に読んでしまいました(笑)






この愛、売ります (ガッシュ文庫)
妃川 蛍 (著)
一馬友巳(イラスト)

(内容)
 哉都の前に札束を積んで「俺がおまえを買う」と言う男―今では大企業の副社長を務める汐崎は、哉都が学生時代に淡い恋心を抱いた相手。
「俺は優良物件だろう。家族もないから頻繁に通える」朴念仁のくせに傲慢な態度の汐崎に、契約愛人としてプライドを刺激された哉都は、揶揄うつもりで汐崎と愛人契約を結んだ。
けれど、まるで新婚のような汐崎との生活も、予想外に情熱的で優しい汐崎の愛撫も、哉都には落ち着かない。
愛を売ることに慣れた心と身体が溶かされる…契約ロマンス。




 15で保護のなくなった奇麗な少年は、愛を売ることを生業として生きていきます

口癖は

「この身は商品。

この肌も唇も、愛さえも、代価と引き換えることが可能な、売り物」

そうやって、ジゴロとして頑張って生きてきたのに、ある日大学生のときにお互いにほのかな恋心を感じていた汐崎と再開し勘違いから始まった契約生活を始めてしまうのです

今までの契約生活と違って、まるで新婚のような生活を送る哉都でしたが
汐崎が女の方と歩いているところを見てしまったのです

自分みたいな人間がそばに居られるはずがない
汐崎にふさわしい人間でも無いと思い知らされます

愛を知ってしまったら
もう愛を売ることはできない・・・

別れを決意した哉都がほんとうに切なくて悲しくて愛おしいと感じてしまいました

やがて、勘違いもうまく解消して晴れてラブラブ生活が始まるのですが

温泉エッチのあと、またもや畳の上で汐崎にまたがって仲居さんが来る物音すら聞こえないのは愛が激しすぎるためw?




拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People