忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

生徒会長も恋をする (あさぎり夕)

 少女の時代は購入しておりました「コバルト」ですが



なんか時代は変わっていくものなんですよねぇというのが感想です(笑)



少女の恋が網羅されていた、あのコバルトが・・・



「たれに捧げん」吉田としさんだったかな



闘争で恋人を失った主人公がせつなかったです



「愛してはいけない」



知り合ったいとしい人が腹違いの兄弟だったとか・・・



作者さまは・・不明というか忘れました



あの頃の白かった?(笑)あたしはいずこへ~~























生徒会長も恋をする (コバルト文庫 あ 12-48) (文庫)

あさぎり 夕 (著)

あさぎり 夕 (イラスト)



(内容)





「先生、自分が何したか判ってる?」



昼は品行方正な生徒会長、夜は街で遊び歩く謎の美少年――。

設定によって全く違う顔を使い分ける高村理人は、危ないところを助けてくれた男とホテルで一晩過ごす。

もう会うことはないと思っていたのに、その男、秋津響が英語の臨時教師として、理人の前に現れた。

夜の顔を隠している理人を、秋津は脅すことも出来る…。

考えた理人は、自分から秋津を誘い、恋のゲームを仕掛けるが?





ということで、昔は「なかよし」等の少女マンガの大御所であった



あさぎりさんの小説です



いまや、すっかりコバルトの大御所という感じもしますが



内容がテンプレというか、方向性がしっかりきまっているのですが



それゆえに安心して読めるというところもあります





今回は美少年の生徒会長にも、臨時の教師をしている二人が腹に一物というか



謎をもったまま恋をしていますので



読めそうで読めない展開になりました



最後にもう一個、裏の裏の裏があって、それを決心するための心が本当にせつないです



悲しいとわかっていても、愛されたというその記憶があればいいからと



自分を追いつめて出した決心でそうしたのですから・・・









うーんコバルト結構いいかも~(笑)





これはシリーズ化する予定みたいで、他にも美味しそうな・・



いえ、楽しそうなカップルや、曲者がそろっていたので



楽しみです














拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People