忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

散る散る、満ちる(凪良 ゆう)


散る散る、満ちる (ショコラ文庫) [文庫]
凪良 ゆう (著), 海老原 由里 (イラスト)

散る散る、満ちる (ショコラ文庫)



(あらすじ)

美形だが人のよすぎる如月春水は、部下である里見幸一に密かな想いを寄せていた。
叶わぬ恋だと諦めていた如月だったが、皮肉にも、里見もゲイで片思いに苦しんでいることを知る。ヤケ酒に付き合い里見を送り届けた如月は、勢いに押され彼と一夜を共にしてしまう。しかし翌朝、何も覚えていないと焦り謝る里見に対し、如月は傷ついた心を押し隠し彼の恋に協力することを申し出るが…。書き下ろし番外編も収録。
ショコラノベルズで出ていた「散る散る、満ちる」に書下ろしがついて文庫化されました。

正直ちょっと文庫化が早すぎると思うのですが

ショコラノベルズが文庫化になって手に入りにくい状況だったそうで

みんなで萌えと楽しみを共有したいと思ったら

ちょっと早い文庫化もしょうがないですよねー。


今回の書下ろしはノベルズ版の本編後のふたりが

ショコラの小冊子にでていたのですが

そちらでは里見が上司の移動により順調に行くはずだった仕事がうまくいかず

そのうえ、同期は出世していく・・

サラリーマンの悩みとか苦しみをこれからのふたりがどうやって乗り越えていこうか

お互いが好きだという想いが一番大事というところで終わっておりました。



その後の二人が今回書下ろしとして付いていたのですが

これもなかなか初々しくていいのですよ。

大阪から帰ってきた里見と一緒に暮らし始めて長いようなのに

今だ呼び名は「主任」と「里見」なのですよ~

如月の淡い恋心はあったけれど、里見は別の人が好きだったし

肉体関係から始まった二人だから、急には変えれないものがあって・・

でも、如月の課長就任祝にかこつけて里見は「春さん」と呼ぶのです(笑)

そのときの如月の心境はもう天国にも登る心地という感じで

そして如月も家では里見のことを「幸一」と呼び返して・・

そんな些細な幸福を一杯積み重ねてどんどん幸福になって欲しいと

思える一冊でした。

書下ろし自体は短いので、本編をもってない方は是非読んでみてくださいね!

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People