忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スパイシー・ショコラ ~プリティ・ベイビィズ~(岩本 薫)

スパイシー・ショコラ ~プリティ・ベイビィズ~ (ディアプラス文庫) [文庫]
岩本 薫 (著), 麻々原 絵里依 (イラスト)

スパイシー・ショコラ ~プリティ・ベイビィズ~ (ディアプラス文庫)



(あらすじ)

母親に捨てられた彼方(かなた)は、教会内の養護施設で
ひとつ年上の亨(とおる)や秋守(あきもり)らと兄弟のように育った。
ずっと亨に片思いをしていたが、彼は秋守と結ばれてしまう。
深く傷ついた彼方は少しでも気分を変えようとパリへ旅立つ。
誰も自分を知らない街で、ある秘密の憂さ晴らしをしていた彼方は、
ひょんなことから有名ショコラティエであるパトリックに貸しを作ってしまい――?

パリを舞台におくる、セミスウィート・ロマンス。


母親に捨てられた彼方(かなた)は亨に片思いをしていたのですが

亨が秋守と結ばれてしまったので

二十年間も自分の中で温めていた想いがあっさりと無効になってしまい

どこか気が抜けたかのようにフランスに傷心旅行となったのですが

母からうけたネグレクトという心の傷があったためか

女の子を望んでいた母から時々女装をさせられていたせいか

女装をして夜の濃厚な空気が似合う女となり

男たちに復讐するかのように

ナンパを仕掛けてくる男にいたづらを仕掛けていたのですけど

娼婦と間違えられたあげく有名ショコラティエであるパトリックに嘔吐しちゃうんです(笑)

バスルームに放り込まれてひじ打ちを食らわした彼方に怒ったパトリックに

いけないことされちゃって心よりもさきに体を蹂躙されちゃうんですけど

ここらあたりのテンポがとってもよくって

エロも扇情的で大満足な一冊でした(笑)

フランス人であるパトリックが傲慢で横暴でツンデレというのもとっても好みなんだけど

家族の問題で弱みをみせて彼方に甘えてくるのがとっても可愛くって

あたしの萌えツボ刺激しまくりな一冊でした(笑)


コメントレスです♪

あきりんりんさん
あのお話の漫画家です~
ツンデレ牧師さまが好みなら萌えれますよ~と誘いをかけてみますね(笑)
2巻と3巻は亨と秋守の恋なので幼馴染の王道ものでした。
CDも出てますよー
たしか一巻が出ると同時にでたような・・・←薄い記憶なのではっきりしません
CDではツンデレ女王様受けの牧師さまに神谷さんを期待していたのですが
このお話の彼方の役をしてましたよね。

朝南さんを失ってショックな気持ちはとってもよくわかります・・・
彼女のいる世界に行くときがいずれ来たらあの美しい絵のお礼を言いたいと思います。

lisaさん
朝南さんという絵師さんがどんなにみんなに愛され親しまれてきたか・・・
失って初めてわかる悲しみでしたよね。
みんなでSSで楽しく萌えましたし
美坊主ではほんとうに心から挿絵が朝南さんであることに感謝しましたよね。
彼女の新しい絵を堪能することがもうできないということがほんとうにつらいです。
でも彼女の気持ちを想いこれからもBLを楽しんでいきましょうね。

コメントありがとうございました。

拍手[2回]

急ごしらえで撮ったので読みにくいようであればまたご連絡いただけますか?

また息子にお願いしてきれいに撮ってもらいますから(笑)

CIMG1517_R.jpg
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People