忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

普通のひと (榎田 尤利 )

普通のひと (SHYノベルス) (新書)
榎田 尤利 (著)
木下 けい子 (イラスト)



(内容)

ただ恋がしたい。胸をどきどきさせたい。

コンビニのおにぎりなら『赤飯』!
それがマイルールの花島光也は、
ある夜、最後のひとつの赤飯おにぎりを見知らぬ男から譲ってもらった。
『お洒落』よりも『誠実』という表現が似合う・・・
でも、どこにでもいるような男だ。
数日後、編集経験があると偽って入った出版社で
光也はその男、的場宗憲と再会するのだが!?
普通に生きてきた・・・でも、恋した相手が同性だったら?
臆病な大人たちに贈る、思わず恋がしたくなる物語!

『普通のひと』(『普通の男』より改題)、『普通の恋』に、ふたりのその後を描いた、書き下ろし『普通のオジサン』も収録!!
装いも新たに完全版となって登場!!




『普通のひと』(『普通の男』の時は挿絵が宮本さんだったのですが

今回はレーベルを変えて新装版とのことで、木下さんに

木下さんの挿絵も淡々とした普通の恋がイメージされてお話にあっていたような気がします。

はるか昔に一度読んだのですが、

あいにくの鳥頭なのですっかり前の話は忘れていたのでまるで初めて読むかのように楽しく読ませていただきました。

記憶障害の自分に感謝ということで

お話の方は普通に人生を歩んできた二人の大人の男たちが

普通にやけにこだわりながら恋をし、焼きもちを焼いたり

恋しい人の行動を疑ってみたりと

男女のように普通に恋して時間をともに過ごしていく静かなお話でした。

書き下ろしとして「普通のおじさん」が収録されておりますけれど

恋をした二人の5年後の姿が描かれておりましたが

なんというか、あいかわらずバカップルでした(笑)

お互いの友人知人も巻き込みながら恋を熟成させていくのですけど

それがまたはた迷惑この上ないのですが当事者は気がついていないですし

巻き込まれる方もなんか楽しんでいる節がところどころに見受けられているような・・・・

気のせいでしょうか(笑)?


今年はこのレーベルから「交渉人シリーズ」と「Pet Lovesシリーズ」と

あの懐かしい作品「魚住君シリーズ」が発刊されるようです。

すでに全部持っているので

書き下ろしの有無で買うのを決めようかなと思っているのですけど~

どうしましょう・・・

復刊記念に小冊子シリーズとかつくのなら考えようかな(笑)








拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

こんにちはー
普通のひと、買うか買うまいかぐるぐるして結局中古落ちを待っているところです。
だって高い…(笑)
魚住くんは書き下ろしあるといいですよね!
魚住くん死ぬほど好きなのできっとなくても買ってしまいますが笑
小冊子がついてたらなおさらうれしいですww

小冊子推進委員会!!

今値段をみてみたらこの本1190円もしてました・・
うーnたしかに高い(笑)
でも、最近は中古でもヤ○オクでもすぐ出てくるんで待つというのもエコ精神かもですねぇ
魚住君は書き下ろしに期待して、小冊子なんかつかなくても買うと思いますが、できたらみんなで小冊子推進委員会というのをつくってお願いするというのもいいかもですねw!!

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People