忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リスク (水壬 楓子)



リスク (リンクスロマンス) (単行本)
水壬 楓子 (著)
高座朗 (イラスト)

(内容)

―まったくお前は・・・可愛い男だな。―

捜査二課に身を置く城島高由は、政財界にかなりの影響力を持つ政治家の久賀清匡と8年前から身体の関係を持っていた。
先も見えず、愛されている実感も持てない愛人という立場―
進展のない二人の関係に心痛を覚え始めた城島は、さそわれるまま、上司でキャリアの管理官・高森一穂を抱いてしまう。
その後も度々誘いを受け、好意を向けられるが、片時も久賀のことが頭から離れずにいた。
そんな中、城島は久賀が他の男を抱いたことを知ってしまい―!?




スキャンダル」ではなかなかいい味を出していた捜査二課で働いている城島と
政治家の久賀清匡のカップルのお話です。

8年も前から体だけの関係が続いてきて、愛の言葉も未来を約束する言葉もなく

ずるずると続けてきた関係に不安を感じていた日々を送っていた。

そういう不安定な神経の時に出会った男は自分の上司であり

性癖に不安を感じながらも惑っていた男高森だった。

好きな時に好きなように抱かれるだけの久賀とはちがって、

高森には一から抱かれることの楽しみを教えていき、だんだんと自分好みに仕上げていっていく。

だんだんと自分に本気になる高森に振れ幅が大きくなっていった城島だったが

久賀がこともあろうに自分の目の前で、かって肉体関係をもっていた友人秋津を抱くのです。

怒りを感じながら、恋人にはけっしてなれなかった自分を思い知る城島でした・・・

愛人でしかなかったことに心痛を覚え苦しむ城島がほんとうにせつなくて可愛いです。

このかわいらしさがあるからこそけっして手放さない久賀の気持ちがちょっとわかります(笑)

事件が解決するとともに、

自分が抱えていた心痛もすっかりと久賀の手によって取り除かれていくのですが

これがまた・・・なんというか腹黒いおやじにつかまったらしょうがないんだろうかと呆然としちゃうほど

濃い愛情なんですよー(笑)

久賀に抱かれて心の安息と充実を得ることができるなら・・・

これもある意味愛の喜びw?

 

抱かれていた男久賀も魅力的な腹黒オヤジでしたが

抱いていた男の高森もまた魅力的で上質のいい男でした。

次回は雑誌掲載にこの高森がでてくるそうで楽しみです(笑)

 

 




 

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People