忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.4 (木原 音瀬)

吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.4 (Holly NOVELS) (新書)
木原 音瀬 (著)
下村 富美 (イラスト)





(内容)

ドラマロケは無事に終了したものの、蝙蝠姿のアルは全身怪我だらけ。さすがに完治するまでは日本に帰ることができなくて、暁と一緒にリチャードの暮らす憧れの街、ロサンゼルスへ寄ることに!怪我は痛いけどワクワクのアルとは対照的に、暁は何故か浮かない様子。そんな中、ロサンゼルスに向かう機内でトラブルが発生。怪我を負った蝙蝠アルは暁を救えるのか!?吸血鬼アルの切ない恋の行方は…?全編書き下ろし第4弾。





表紙の暁が険しい顔立ちなんですけど、

こうもりのアルをなででいる手つきが優しげで愛おしげなのが印象的です。

さてさて・・・お話ですけど

アルを殺そうとした思い込みの強い男は

アルの記憶操作のおかげでなにもかも忘れてしまい

事件がらみのことは全部解決したのかなと思っていたんですけど

とんでもなく大事件がまだ待ち構えていて・・・・

ロスに立ち寄るために飛行機に乗ったのはいいんですけど

その飛行機が信仰集団の狂った教義のためというか、

死刑が確定した元女優のためにハイジャックを計画していてまたまたその事件に巻き込まれちゃうんです。

ハイジャックからアルを救うために捨て身で行動する暁

暁をハイジャックから守るために捨て身で行動するアル

はっきりいって愛がなければこういう行動をお互いにとらないでしょうに・・

なんで暁は気がつかないんだ!!と思っておりましたが

今回のアメリカ編では暁の過去がでておりまして・・・・・

わずか一歳になるかならぬかのうちにに母に捨てられた暁・・・

引き取られた父も早くに失い養護ホームで生きておりまして

愛情をかけられた記憶もないので、

愛し方というか、愛の表現の仕方があまりにも稚拙な表現でしか表せないようです・・・・・

けれど暁はほんとうに優しい・・

アルのこれからをちゃんと思っていて、アメリカに家を買い。仕事場というか血の補給先も思案にいれ

アルが暮らしやすいようになにもかも考えていて

けれど、それがふたりに別れになるときちんとわかっていて

どこまでも理性的にやり過ごそうと計画立て、キエフという頼もしい助力も得て実行しちゃいました。

日本にいるはずの自分がアメリカにいて

絶望のなかで暁に捨てられたと思っているアルには冷たい優しさのようですけど

そこにはやっぱりお互いへの限りない愛があるような気がします。

次はいつになるんでしょうか・・・

タクミクンシリーズみたいに長くなったら、あたし生きててませんけど(笑)



 

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

新刊無事出たんですね(笑)

こんばんは!

最近忙しくて本屋に立ち寄ることもままならないので、吸血鬼ちゃんと出たのかな~と思ってたんですよ!
無事出たようで良かったです(笑)

Lianhaさんの感想読んでるとまたエチは無かったのかな…なんて思ったり(笑)

気になるのでさっそく明日買いに行こうとおもいますヾ( ´ー`)

朝チュンは・・・

もはや、朝チュンはあたしにとってエチとは感じられなくなっているようです・・・
次回こそは・・愛を深めあった二人が濃厚にいたしてくださること期待で(笑)

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People