忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イノセント・キス (うえだ真由)

イノセント・キス (新書館ディアプラス文庫 211) (文庫)

うえだ 真由 (著)
大和 名瀬 (イラスト)




(内容)

一帆は同居している兄代わりの優しい悠久のことが幼い頃から大好きだった。悠久も同じように好きでいてくれる―そう思っていたのに、一帆の気持ちを悟った途端悠久は距離を置き始める。それでも諦めきれない一帆だったが、悠久が地方病院勤務の話を積極的に受けたと知り、きちんと失恋しようと決意する。「キスしたい。それで諦めるから」一帆の言葉に悠久の出した答えは…?悠久視点の甘々書き下ろしも収録。



作者さまがあとがきで書かれているようにベタベタで甘甘な作品で安心して読めます

両親同士が友人同士のために、両親を亡くした悠久を引き取って育ててくれたばかりか

亡き両親が作った借金すらもきちんと精算してしてくれた恩があるので

一帆への気持ちが愛であっても、また一帆の純真で一途な愛も受け取れません。

悠久はすべてのに背を向けて一人暮らしから、地方にまで転勤してしまいますが・・・

などと書くとすんごくせつなさてんこもりのような気がしますが

肝心の恋する少年一帆がさばさばしてて、すべての障害を障害としてとらえてないというか

簡単に現実を受け入れて、悠久も最後はあまり悩むことなく現在の関係から恋人同士に発展していきます。

悩みとか、葛藤がまったくない時点でたんなるべたべたの小説で終わっていました。


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People