忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やんごとなき若君様の恋愛 (角田 緑)

やんごとなき若君様の恋愛 (Dariaコミックス)
角田 緑 (著)




(あらすじ)
 
俺はお前に邪な想いを抱いている――
 
昭和の初め、帝都院高等学科には華族のみが入室を許される『紳士倶楽部』があった。その中心人物である公爵家嫡男・操のもとに突然、留学していた幼馴染みの常盤が戻ってきた。喜ぶ操だが、大切に思っていた常盤の別人のようなつれない態度や、従兄弟の顕親の脱退騒ぎと色々ショックを受ける。だが、そんな操のもとに常盤が現れ、慰めながらキスをしてきて――!?
ダリア小冊子目的のために購入した本です。

「アイはどこいった?」がおもしろかったので、期待して購入

大人の愛のかけひきがけっこうよかったという思い出があったのですが・・・

今回はおとな未満の少年?青年たちの幼なじみの愛の始まり~

となっていますが

内容的にはちょっとテンプレ通りでという感じでした。

かわいい恋の話がよみたいかたにどうぞー



拍手[2回]

PR

ターニングポイント(高永 ひなこ)

ターニングポイント (Dariaコミックス) [コミック]
高永 ひなこ (著)



(あらすじ)

桜木圭吾は、旅先でヒッチハイクをしていた大学生・今村敏喜と出会う。脚本家として行き詰っていた桜木は現実から逃れたい一心で、誘われるままに今村と寝てしまう。だが翌朝正気に返った桜木は今村が目覚める前に姿を消す。しかし何気ない一言で今村に探し当てられた桜木は、忘れられなかったと純粋で熱心なアプローチをされ――。
その後の描き下ろしあり!!


大学生(のちに役者志望)× 売れない脚本家

売れない脚本家が仕事に煮詰まって旅に出ているところに

出会った大学生と恋に堕ちるおはなしです。

高永さんお得意の暴君受けと大型わんこ攻めのおはなしで

きれいな絵でおもしろいところもところどころあって読みやすかったです。



何故いまさらこの本かというと・・・

「座布団」と「花扇」を買いに本屋に立ち寄ったところ

ダリアのコミックスフェアーをしていたからです♪

小冊子をもらうためには買いたくもないコミックスを2冊買わなきゃいけません。

ということで、この本をチョイスいたしました。

小冊子は「B級グルメ倶楽部」が読みたかったんですー

ほかにも富士山さんとか石原さんも欲しかったのですが

これを買うためにはあと4冊のコミックスを買わなきゃいけないわけで・・・

まぁこれだけでも読めたのでよかったです♪

「B級グルメ倶楽部」は4Pでしたが読み応えありました。

合コンに参加して恋人はいるのかと尋ねられ可愛く恥じ入る吉野と

バト部の同期と飲みに行った鬼塚がなんでもっと甘えてくれないんだと

せつなく訴える姿がよかったです。

拍手[1回]

星よりひそかに (高井戸あけみ)

星よりひそかに (ディアプラス・コミックス) [コミック]
高井戸 あけみ (著)




(あらすじ)

通訳をしている八木は、イギリスの大学に留学していた頃、ある国の王子と恋に落ちた。
しかし、彼─リゲルが王位を継ぐ身だったため、その恋ははかなく終わっていた。
それから日々は過ぎ、八木はリゲルの従弟・サイードと知り合う。
自分を見つめるサイードの眼差しに、八木の心は揺れて─。

静かに瞬くスターライト・ロマンス。


BBC(BFCです・・・ご指摘いただきましたありがとうございます)のお話の

ツンデレ生徒会長さんが好きだったせいで

なんとなくこの方の本は買ってしまうのです。

派手さはないのですが

書き分けも今一歩なんですが

どことなく魅力のある本なのです。


「星よりひそかに」

学生時代に知り合って恋して身体を重ねた男は実は・・・アラブの王子さまなのでした。

星の名前のそのひとを思い続けているのだけれど

そのひとは星よりも遠い世界のひと

どんなに手を伸ばしても手に入らない・・・・

王子様に恋焦がれてその国の言葉を覚えていまや通訳の仕事をしております。

ある日であった男は彼の国の王子様の従兄弟・サイードでした。

また星の名前の人のように手に入らない人と恋をしたくないと思いながらも

いつのまにか心がサイードに魅かれていくのです。

王政にはかかわることがないから自分は自由に恋ができるとサイードは言うのですが

八木にとって何も考えずに恋をしていたあのころの若さは自分にはなく

国も違えば

生活も違う

そんな大人の悲しい分別で心にブレーキをかけてしまうのです。

今夜だけ、今だけサイードのそばにいたいと短い時間をともにすごし

永遠に会わないことを選択する八木がほんとうにせつなかったです。

そんな八木に対しサイードが取った手段といえば・・

ちょっと眠らせて自国につれて帰るために飛行機にのせちゃうのです(笑)

若さのあふれるサイードの成就の方法はともかく

もう星を見て悲しい思いはしなくてもいいのだと心から安堵できました(笑)


デイアプラスのコミックスはカバー下も楽しめますよ~

サイードの衣装をきてコスプレしている八木を見たいかた是非カバーをめくってくださいね(笑)


コメントレスです♪

あきりんりんさん

本屋さんが充実していない地域に住んでいるとつらいですよね・・・
あたしも充実した本屋さんにいくために車で一時間のドライブを楽しまなきゃいけません。
都会に住んでいる人がすごくうらやましいですよね。
この神官シリーズの大好きななんですよ!
突っ込みどころは満載なんですけど、
もうこのあほらしいくらい突き抜けた愛情が癖になってます(笑)
>本屋でBL本買っている人みると声かけたくなります
わかります(笑)
同じ周期に同じ時間帯で必ず顔を合わすといつのまにか同士よ!と心の中で叫びたくなりますよね!
でもなんでかできないんですよね・・・
その点ネットでは自由に声掛け合って話し合えて楽しいですよね。
またよろしくお願いいたします♪

まひるさん

>お決まりのヤクザさん展開が英田さんにしては物足り無く感じたけれど
ほんとうにそのとおりなんですよね。
ストーリーは面白かったんですけど二冊続くとちょっと濃いなと思ってしまいます。
ユギさんの本だけで終わりにしてもよかったんじゃないかと・・・(笑)
ユギさんの水も滴るような色っぽい柊也とかっこよくてエロエロしい椹木は
眼福でしたね。

コメントありがとうございました♪

拍手[1回]

きみが恋に溺れる 第3巻 (高永 ひなこ)

きみが恋に溺れる 第3巻 (あすかコミックスCL-DX) [コミック]
高永 ひなこ (著)




(あらすじ)
大人気!「溺れる」シリーズ、最終巻!!
もうこれ以上溺れる前に、離れるべきなのかもしれない…

誰よりも大事な貴方だから、もう二度と傷つけはしない――・・・

呉服屋・藤ノ屋に勤める陣内和史(じんないかずし)にとって、社長令息であり店長の主藤礼一郎(しゅどうれいいちろう)は、上司であると同時に年下の可愛い恋人でもある。陣内を好きだという先輩の鬼島(きじま)からの横槍もものともせず、二人は幸せ絶頂…のはずだったが、礼一郎の見合い話が進むにつれ、微妙なすれ違いが生まれてしまう。さらに、その隙をつくように鬼島が陣内に再び迫ってきて…!?
大人たちのままならない恋の行方を描く大人気シリーズ第三弾!描き下ろしも収録!


甘く切ない恋に溺れて

あの人間の感情の機微にうとくて

自分自身の感情の波すら表に出すこともできなかったあの礼一郎くんが

大人になってしまいました・・・(笑)

恋が変えたこの礼一郎くんがこれからどのように変化していくのかみたいような

親との確執や社会との折り合いに押されて悩み苦しんでいく二人はみたくないような

微妙な気持ちになります。

大人たちのままならない恋が二人や周囲を揺るがしていって

二人がより強固な関係や愛情をつかみとれたとこで終わって

幸福なのでこれでいいです(笑)


恋に溺れるシリーズ自体はこれでお終いだそうですけど

あて馬役だった鬼島が主役で始まるそうです。

良い男だったのでこのお話も楽しみです。


和風エロがたくさん盛り込まれているので、和風に萌えるかたいかがでしょうか?


コメントレスです♪

ゆうみさん
>もったいなくてそして1冊読むと必然的に2冊目も読まなくちゃいけないので頃合いを見計らっております
気持ちはわかります!!
あたしは一冊読んで寝ようと思っていたのですが。もう読んだら次も読まなきゃ・・・
という使命感に萌えてしまい、あまり寝ないまま仕事にいかなきゃいけなくなりました・・・
幸福なんですが夏バテ気味の老体に堪えました(笑)

あたしの住んでいるところも田舎なので近くの本屋さんまで一時間くらいかかりますし
BLが豊富な本屋さんにはそれ+30分くらいかかるのですが
本屋で手にとってあれこれ悩むのも幸福なんですよねぇ
小説ショコラの小冊子もそうでなければ見逃していただろうし・・・
でも、通販なら暑くもないし、車の心配がないのでいいですよ。
大切なことは本が心の栄養と言うことですものね!
夏と家族に負けないように萌えていきましょうね(笑)

コメントありがとうございました。



拍手[1回]

恋する暴君 (6) 限定版 (高永 ひなこ)

恋する暴君 (6) 限定版 (GUSH COMICS) [コミック]
高永 ひなこ (著)



(あらすじ)

カナダの夜は特別だった……。
多分、いや確実に、先輩は俺を…自分から求めた。
先輩のその変化はきっと、俺たちの関係を今までと違うものに変える…はず! 
期待をふくらませた森永が待つ日本に、宗一が帰国。
しかし、事はそううまくはいかないのであった…。
そんな折、巽家の父が帰国することに。
宗一との同居解消の不安と、巽父との初対面に動揺する森永だったが――。

《特製ストラップ【森永】つき!》
正直なところ・・・森永君ストラップのために

お値段の高い限定版を買うかどうか非常に悩んだのだけれど
 
コミコミさんで注文すればクリアしおり二枚がつくし・・・

後から買う気になっても通常版しか手に入らばということも多々あるので

コミコミさんで購入しました(笑)

送料合わせで買った本を、前の日に本屋に行って同じ本を買うと言う

大馬鹿なことをしちゃったのですが

まぁこういう失敗もよく?あることよねーと流すことにいたします(笑)


暴君限定版は予想通り、表紙カバーにガッシュポイントと宗一ストラップ応募券が付いておりました。

表紙カバーを切るのってなんか・・・なんかなぁという気持ちです(笑)

表紙は綺麗ですし

お兄さんの表情も色っぽいです。

ただ、これまでの手間をかけるなら(ポイントやら振り込みやら申し込み用紙の記入等)

限定版のおまけも小冊子がよかったなぁ。

と、どこまでも小冊子好きの言葉を呟かせてください(笑)


内容は5巻にカナダで身体が森永君を欲していることに気がついたお兄さんでした。

あれから、お兄さんを身体でいかせたことにおおはしゃぎの森永君が

すごく可愛いのですけど

やっぱりお兄さんはお兄さんの様で

森永君の期待の斜め45度くらいの行動にはいります(笑)

相変わらずの実験三昧の日々とでもいいましょうか・・・・

でも、ちょこっと変わっていることもあるんですよね。

森永君がひっそり落ち込んでいることに気がついてあげて

そのことを気にかけていてあげたり

優しい言葉がけ&恥じらいを見せたり

心の面でも森永君にずいぶんと魅かれあっていることがわかって

すごくすごくエロも内面的にも盛り上がってきた一冊でしたねー


作者様のあとがきによると後半戦と言うことです。

あとすこしで兄さんがどれだけ素直に恋を享受できるかは・・

森永君と作者様の腕次第(笑)?

楽しみにしてます。




コメントレスです♪

さなえさん

優しいお言葉ありがとうございます・・
相変わらずパソコンにというか、ブログに精通できないあたしを
温かい目で見守ってください(笑)


ゆうみさん

豪雨が済んだら、この暑さ
体調おかわりありませんか?
ゆうみさんも「SWAN」すきーでしたか(笑)
「まいあ」は彼らの子どもたちの世代なんですが
やっぱり悩み苦しみながら踊ることを確実に楽しんでいる世代ですよね。
>SWAN MAGAZINEまれていますか?!
残念ながら、雑誌にまで手をだしたら・・・
ということで単行本まちです。
そうなんですかレオンとセルゲイエフ先生にヤラレておりますのですか・・
セルゲイエフ先生の大人の魅力が好きでした。
いまおもえばあの頃からオヤジスキー・・・

lisaさん

キャラフェアーで痛い目にあっているのはあたしだけじゃないんですね・・
安心したしました(笑)
あれだけひどい目にあってもフェアーに追い回されるあたしたちって
どうしようもない業を背負ってますね(笑)
楽しく業をせおってBL街道走り抜けましょうねー
>最近は読んだすぐ後にコロリと忘れるという特技まで
ああーそれは鳥頭症候群と言って新しいシリーズが出る前に
ちゃんと前のシリーズを読みなおせなきゃあきまへんと
神さまがあたしたちに与えた試練なんです(笑)
試練には立ち向かって乗り越えていかなきゃいけません!
ということで・・・
買っている本、ドナした本のブックベースを作りたいと言いながら
いまだに手帳派です・・・(笑)


コメントありがとうございました!!

拍手[1回]

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People