忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋する暴君 8 (高永 ひなこ)


恋する暴君 8 (GUSH COMICS) [コミック]
高永 ひなこ (著)

恋する暴君 8 (GUSH COMICS)



(あらすじ)

「恋愛脳なのもいいかげんにしろ!!」 
 先輩も最近は俺のことを憎からず想ってきてくれている、と思ってたけれど、
それは全部、ただの錯覚だったんだろうか――。
思い悩む森永は、宗一から離れる決意を…!
そして宗一もまた、森永を、自分の気持ちを、本気で考えはじめて…。
お互いに本音をぶつけ合う、クライマックスの第8巻!!
二人の恋も、一旦決着!?
これで決着がついて森永よかったよねーという想いと

これで終わりなのはさみしいと思う気持ちが半分半分かなぁ

森永の果てしない片思いもついに情にほだされてしまった兄さんの諦め?

隠されていた気持ちに蓋をするのをやめたことで終を告げたのですね。

初めから兄さんはちゃんと森永に恋していたというか

一緒に生きていく二人と思っていたのだけど

一生一緒に生きていくための覚悟はついていなかったから

あっちこっとまいまいしてしまったけど

こんなふうに収まってよかったよねという気持ちです。

作者様はいままでも再々言っていられるとおり、

これで完結ではなく

本編の続きも番外編もこれからちょこちょこ書いてくれるということなので

暴君様の暴君ぶりにはらはらしたり、森永君の恋のばかっぷりも堪能できそうで

安心してます(笑)

でも、いまのところ一番読みたいというか、気にかかることは

森永兄と真崎さんの恋のお話。

一度寝れたからといってこれが恋なのかどうか迷う森永兄の気持ちが

どんなふうに揺れて戸惑いながら確定していくかが読みたいのです~

もちろん真崎さんだって、きゅうに素直になれないだろうし(笑)

そこらあたりのあんなことやこんなとこ妄想しながら続きを待とうと思っています。

拍手[1回]

PR

校内恋愛カウンセラー (高井戸 あけみ)


校内恋愛カウンセラー (ディアプラス・コミックス) [コミック]
高井戸 あけみ (著)



(あらすじ)

高校の保健医として働いている妃崎(ひざき)は実はゲイ。もちろん職場には隠しているし、生徒に手を出すつもりもない。しかしある夜、イケメン生徒会長の上松に男とのキスシーンを見られてしまう。翌日、上松が保健室に現れ、流されるように彼と関係を持ってしまう妃崎だが……? 生徒×保健医のデンジャラス・ラブ。

イケメン生徒会長×保健医
 

 人の生死に関わる仕事がしたくなくって高校の保健医を選択した妃崎

 ゲイであることは職場には隠しているけれど

若い綺麗な男の子は好き

倫理観から自ら手を出す気はないはずで

でもある晩男とキスしている場面を生徒に見られてしまう。

見ていた生徒会長であり、サッカー部である上松に

自らのセクシュアリティに悩みをもっていたことと

友人である子に告白されていたことを告げられ

キスしちゃって触診診察?したあとで男がダメじゃないことを 告げる

妃崎の淫靡な表情が素敵なのでした(笑)

若い男子高校生を食うのはダメでも 食われるのは大丈夫らしく

流されて保健室で立ちバックで やっちゃうのが萌えでした(笑)

他にも妃崎の元カレがでてきたり

妃崎を狙っている元生徒会長の存在とかいろいろでてきて

大変美味しい一冊でした。

白衣の美人の保健医がお好きな方いかがですか(笑)?

 

拍手[0回]

別れた男はいかがですか?(立野 真琴)

別れた男はいかがですか? (ビーボーイコミックス) [コミック]
立野 真琴 (著)

別れた男はいかがですか? (ビーボーイコミックス)




(あらすじ)

会社も自分も捨てた元カレ智栄と再び同僚になった陽司!
恋人時代の思い出を忘れたふりで、昔と同じように触れて、優しく名前を呼ぶ智栄に、陽司の心は揺れてしまう。一度終わったはずの恋のハズなのに…?
同時収録は天然タラシ佐々門にせまられ、攻専門から受デビュー!?の香川カップル♥
立野真琴初のリーマンラブ描き下ろし有♥


立野さん初のリーマンもの・・・

そういえば大人カップルのお話はあってもまともなリーマンで

なかったような(笑)

会社も自分も捨てた男が会社の合併に伴ってふたたび同僚となっちゃって

戸惑い争いながらもやっぱり彼智栄のことが忘れられない陽司

彼に捨てられた後遺症でゲイなのに男に触れられることに嫌悪を

感じてしまうために優しい男とわかっていても

ふたたび恋をする勇気はなくて・・・

忘れようとしても仕事場は同じだし

席は真ん前だし・・・

仕事の手順はよくて息はあっているという皮肉な現状の中で

あがきながらもちゃんと自分の気持ちに向き合って

あのときつまずいたところから告白し合って

恋を始めるところからはじまるのです。

一癖ある男の優しさにほだされたのなら

過去のあやまちも乗り越えて幸せをつかんで欲しいです。


そしてもうひと組みは

同時収録は天然タラシ佐々門にせまられ、

攻専門から受デビュー!?の香川カップル

天然タラシさんがあんまり魅力的なので本編カップルより

楽しくよんじゃったという不思議(笑)

陽司にずっと片思いをしちゃっていたのに振られた痛手が

癒えきっていないのに会社の合併で同僚となったノンケの佐々門に

その傷をつつかれた上に告白されたという香川

怒りのために「掘るぞ!」と脅かしたつもりなのに

「香川なら抱かれてもいいよ」とさらりと爽やかな笑顔を見せた男・・

ゴツイ体の男を抱いて喜ぶ趣味はないんだけどと思いながら

先制攻撃でエロいこと仕掛けていったのに

なぜかいつのまにか佐々門に翻弄されている(笑)

フラれた可愛い一途な佐々門が魅力的で楽しい一冊でした。



拍手[0回]

恋する暴君 7  (高永 ひなこ)

恋する暴君 7 (GUSH COMICS) [コミック]
高永 ひなこ (著)

恋する暴君 7 (GUSH COMICS)




(あらすじ)

背中に回る先輩の両腕、苦しく甘い息づかい……、先輩も、もしかして俺を、求めてる?
あの夜の森永の期待も錯覚と思わせるように、その後、ふたりの同居生活は普段通り――と思いきや、ささいな触れ合いも意識しているような宗一の態度はぎこちなく…。
そんな時、森永の昔の想い人・真崎が、ふたりの前に現れる! 「会うなよ、二度と!」――先輩、それって…嫉妬ですか?

ふたりの間に問題が立ちはだかる――クライマックス前哨戦の第7巻!!



お話の冒頭はあいかわらずのツンツンツンツンの先輩が

肉体関係を持っている時はすこ~~しデレを発生していることを

森永君がいつものバーのバーテンダーに報告しているところから始まる。

バーテンダーが呆れているとうり

バカップルのプレイ報告としかいいようがなくて・・・

興味がない人間が聞くにはちょっときつい内容かも(笑)

今回の見どころは肉体の上では先輩は森永を欲していることに気がついて

意地になっている←これはいつものデフォなんですけど(笑)

そして森永の就職問題

片思いの頃は先輩と共に研究に身を捧げることによって一緒にいる時間を増やしたかった

という思いがあったのだけど

両思い?に近いものに変化しつつある今はもっと別の側面で先輩を支えれるんじゃないかと

思ってしまう。

そして真崎くんの出現

森永兄と肌を重ねて、時間をすごしていくうちに森永君に対しての贖罪の気持ちが湧いてくる。

いい意味で、人生を生きていく上でけじめの時だと思い立ち

森永のいる土地にやってくる。

森永と先輩との関係のすべてを知る由もないが

先輩のツン発言というか、配慮の足りない発言に傷つく場面をみて

先輩に忠告していく。


暴君の最終章の第一章はちょっと暗いお話というか痛みの強いお話・・・

幸せな二人が見たかったのだけれど、

幸福になる手前に痛みもなにもかもお互いが理解し合うために引き受けなくてはいけない

時期がきたと言っていたみたい・・・

次回の巻では幸福な二人を希望したいです。

がんばれ森永!

拍手[0回]

僕はすべてを知っている (高久 尚子)

僕はすべてを知っている (キャラコミックス) [コミック]
高久 尚子 (著)




(あらすじ)

「さいかわクリニック」に勤める犀川千博は、包茎治療の専門医。
病んだ下半身を治療する仕事に誇りを持つ一方で、どこかに健康的で美しいブツは ないものかと、うんざりする毎日。
そんなある日、千博が街ですれ違ったのは、絶世の美しい下半身の持ち主・浅野歩!! 服の上からでもカタチがわかるプロ中のプロの千博は、歩の笑顔と下半身に一目惚れしてしまい…!?
顔より下半身の美醜に拘る恋人は、包茎治療の専門医!? スイート・フィジカルLOVE!!
キャラのフェアーのために買いました。

おもしろかったです!

高久さんは「熱情」シリーズは読んでいたんですけど

こんなギャグ風味も美味しくかけるひとだったんですね。

キャラのフェアーがなければ手に取ることはなかったとおもうと

やっぱりフェアーに感謝しろよーということなんでしょうね(笑)


お話は絶世の美しい下半身の持ち主・浅野歩に恋したのは

包茎整形治療のプロ犀川千博です。

普段仕事とはいえ病んだ下半身ばかりに接していると不思議とほしくなるのは

綺麗な下半身・・・だそうです(笑)

包茎・性病なら病んだ下半身でしょうが

勃起不全なら綺麗なオチ(以下自粛)があるんじゃないか思いますが

そんな疲れた日々をおくっていた犀川が横断歩道で通り過ぎた普通のちょっと可愛いリーマン

服の上からでもわかる美チンの存在にあわてて追いかけていきます。

そして彼の職場に毎日のように押しかけて話しかけて

せっせとアプローチしちゃうのです。

下半身に恋しちゃっても幸せになれるんですよストーリーは

あんまり暑くて思考がまとまらない時期にぴったりな読み物でした(笑)



コメントレスです♪
あきりんりんさん
>少し前に図書館にBLあってどうのこうのという騒ぎ
あーそういえばありましたね
でも内容から考えるとハーレクインとやたら大差がないのに
どうしてBLだけ迫害されるんでしょうね・・・
何十年もまえの「june」のように隠花植物として育ってきたものがBLですけど
BLが迫害されるならほかにももっと注意勧告が必要な読み物はあると思うのですけどね。
ひとつの物事だけ、ひとつの側面だけ見て攻撃をして当然の今の風潮がちょっとこわいです。
>ネットカフェうちのとこはシャワーもカラオケもありますよ
そんなに充実してたら家より快適ですよね(笑)
行きたいのですがお盆の前でして諸事雑用に追われてなかなかいけそうにありません;;)

コメントありがとうございました!

拍手[1回]

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People