忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋する暴君 7  (高永 ひなこ)

恋する暴君 7 (GUSH COMICS) [コミック]
高永 ひなこ (著)

恋する暴君 7 (GUSH COMICS)




(あらすじ)

背中に回る先輩の両腕、苦しく甘い息づかい……、先輩も、もしかして俺を、求めてる?
あの夜の森永の期待も錯覚と思わせるように、その後、ふたりの同居生活は普段通り――と思いきや、ささいな触れ合いも意識しているような宗一の態度はぎこちなく…。
そんな時、森永の昔の想い人・真崎が、ふたりの前に現れる! 「会うなよ、二度と!」――先輩、それって…嫉妬ですか?

ふたりの間に問題が立ちはだかる――クライマックス前哨戦の第7巻!!



お話の冒頭はあいかわらずのツンツンツンツンの先輩が

肉体関係を持っている時はすこ~~しデレを発生していることを

森永君がいつものバーのバーテンダーに報告しているところから始まる。

バーテンダーが呆れているとうり

バカップルのプレイ報告としかいいようがなくて・・・

興味がない人間が聞くにはちょっときつい内容かも(笑)

今回の見どころは肉体の上では先輩は森永を欲していることに気がついて

意地になっている←これはいつものデフォなんですけど(笑)

そして森永の就職問題

片思いの頃は先輩と共に研究に身を捧げることによって一緒にいる時間を増やしたかった

という思いがあったのだけど

両思い?に近いものに変化しつつある今はもっと別の側面で先輩を支えれるんじゃないかと

思ってしまう。

そして真崎くんの出現

森永兄と肌を重ねて、時間をすごしていくうちに森永君に対しての贖罪の気持ちが湧いてくる。

いい意味で、人生を生きていく上でけじめの時だと思い立ち

森永のいる土地にやってくる。

森永と先輩との関係のすべてを知る由もないが

先輩のツン発言というか、配慮の足りない発言に傷つく場面をみて

先輩に忠告していく。


暴君の最終章の第一章はちょっと暗いお話というか痛みの強いお話・・・

幸せな二人が見たかったのだけれど、

幸福になる手前に痛みもなにもかもお互いが理解し合うために引き受けなくてはいけない

時期がきたと言っていたみたい・・・

次回の巻では幸福な二人を希望したいです。

がんばれ森永!

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People