忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

憂鬱な朝 4 (日高 ショーコ )


憂鬱な朝 4 (キャラコミックス) [コミック]
日高 ショーコ (著)

憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)



(あらすじ)

桂木智之(かつらぎ ともゆき)は先々代の庶子だった…!!
事実の発覚を機に、久世暁人(くぜ あきひと)を外から支えようと、
久世家を出て石崎家に入った桂木。
ところがある日、暁人の不穏な噂を聞きつけ、
急遽別宅を訪ねてしまう。
「もう会ってくれないと思っていた」はかなく笑う暁人は、
爵位を桂木に譲るため縁談を破棄、
森山侯を脅迫した、と衝撃の告白をして──!? 
 
コミコミさんからの脱却という訳ではないんですが

アニメイトさんで購入するとダブルカバーの特典があるということで

ひさびさにメイトでお買い物してきました。

やっぱり自分で見て購入するというのも楽しみがありますよね。

この号ではいままでひたすら桂木を追いかけてていた暁人が

成長しすごく素敵になってました!

ちょっと離れてみるというのもおたがいの気持ちを明確にするために必要なものなのかも

しれませんね。


桂木のために爵位を捨て、

久世家にも、実家であったはずの桂木家にも

この世のどこにもなかった桂木のためだけの場所を用意してやりたいと

思う暁人

そして、もう自分の教えることは全て教えきった暁人の手を離し

これからは外から彼を支え続けたいと願い画策していく桂木

二人が二人の幸福を願い思うことはただただ幸福にしてあげたいということなのに

家という強力に絡まる物に覆われているふたりには

おたがいが幸福になるということではなく

愛する人が幸福で安寧で生きていて欲しいと思うことなんですよね。

今のように核家族というものが当たり前のようになっていてさえ

家というもの、それにまつわるいろいろな因習、人間関係のしがらみ・お付き合いがたいへんですのに

お家というものだけでなく、

それらに付帯するものすべてを背負わなければいけない人たちにとって

恋よりも守らならなければいけないものがあるのだな・・・

この恋を守っていくにはどうすればいいか

次からは激動の予感がいたします。


最強のツンデレ女王の桂木の告白も非常に美味しものではありますが

一番の見どころは暁人の成長でございます。

桂木の秘密を暴露した雨宮を呼びつけた対応なんかほんとすごかったです。

ひれ伏している雨宮にまずかけた言葉が

「・・・雨宮か お前が書斎に残していった詩集を読んだよ」とさりげなくはじめ

「素晴らしかった 僕もああいう本の方が好きだ」と続き

「さて雨宮ー桂木の話をしようか」と切りつけていくさまは凄みがありました。

桂木を求めて、恋して、そのために成長を強いられましたが

桂木は暁人をいい男に育て上げましたよ!

こんな男に育て上げたのなら手を離しちゃいけませんよね。

蔦に絡まるお家の事情も考慮しながら二人が切り開いていく道が楽しみです。


そして雑誌掲載作より濃い濡れ場も萌え萌えの雰囲気がありましたよ~

爵位を捨てるために、行なった暁人の森山侯への脅迫行為が何を引き起こしたか

これからどう動けばいいのか早急に考えなきゃいけないのに

暁人の熱に触れた喜びを求めてしまう桂木

まだまだツンツンツンでしたが、

いつかそのツンぶりが可愛くエロく見えてくるのが不思議なんですよね

かすかに見える褌と下穿き(けっしてバッチとはいいたくない(笑))に萌えました(笑)



拍手[6回]

PR

初恋のあとさき (日高ショーコ )


初恋のあとさき (花音コミックス) [コミック]
日高ショーコ (著)


初恋のあとさき (花音コミックス)



(あらすじ)
仁科が打ち合わせに訪れたカフェは、学生時代の親友・美山がオーナーを務める店だった。
10年振りの再会を懐かしむ仁科とは対照的に、美山は自分を覚えていないかのように素っ気ない。 確かに存在した“友情以上”の関係。切ない「初恋」だったあの頃にはもう戻れないのか──?
大幅加筆&描き下ろしを加えた待望の最新刊「嵐のあと」後日談『double line』も収録!
嵐のあと」で当て馬役というか、ゲイの輸入インテリア会社社長の榊の愛人というか

恋人というか、友人というか

愛とか恋とかを変に絡めないドライな関係を続けていた美山のお話です。

この本を読んで何故美山があんなにも愛や恋を避けていたのか

べたつかないドライな感情でしか肉体関係をもてないのかよくわかりました。

榊もそうでしたが、美山もまた初恋に傷ついて

その傷の癒し方もわからないまま内面に膿みを抱えたまま・・・というか

その膿みすら彼の愛の記憶だったのでしょうが

疵を抱えたまま、美山は夢を叶えるべく努力し続けカフェの店主となりました。

そのカフェにある日訪れた男は・・・


仁科は美山と再開し覚えてもらえていなかったことに心のどこかで落胆します。

コーヒーを味わい、美山と作り上げたコーヒーの思い出と共に楽しかった記憶を

呼び起こしてゆきます。

けれど美山にとっては懐かしいだけの記憶でもなく

苦い恋の傷であり

叶うことなく一方的に別れを突きつけられた苦い思い出でしかありません。

そんなふたりが再会し、また想いを積み重ねていくのです。

恋にも生き方にも逡巡を重ねてしまう仁科

何事にも一直線に欲しいものを欲しいと言い募れる美山

互いに相容れぬものがあって

高校生の頃は結ばれることはなかったのですが

大人になった今だからこそかなうことの出来る想いがあって

二人は自分たちの恋を再開していく決心を固めるのです。


この恋が今度こそ幸福という名前に変わって欲しいと祈りたいような

そんな一冊でした。


「嵐のあと」後日談『double line』もよかったです。

恋が始まって、一緒に暮らしていても重ねられない想いがあって

ほんの少しの譲り合いや語ること

それができない故の行き違いやすれ違いがありましたが

正直に想いを語ることで毎日愛を積み重ねていける

そんな読後感がありました。


これで・・このシリーズが終わるのでしょうか?

たしか、「眼鏡男子」に「嵐のあと」のふたりが載っていたのですが

4Pのために1000円ということで買うのを諦めていたものがあるんですが・・

花音にもちょこちょこ短いお話載ってましたよね?

あれはもう読めないんでしょうか(っ◞‸◟c)


コメントレスです♪

あきりんりんさん
ご心配おかけしました。
最近は花粉症と引越しのあれやこれやでとんとPCに向かえていなかったのです。
>フロインドリーフ行ったことあります
おおーそうなんですか
あたしはこの教会のあとに出来て以来のファンなんですが
教会の前を通るたびに美味しそうなパンの匂いがしてお腹が好きます~♪
また神戸においでになるときは是非ご一緒してください。
4月・・行きたい気持ちは大きくあるのですが、前後に彼岸と法事があるのです・・
もし行けそうならまたご一緒にいきませんか?

コメントありがとうございました!

拍手[3回]

不測の恋情(富士山 ひょうた)

不測ノ恋情 1 (Dariaコミックス) [コミック]
富士山 ひょうた (著)

不測ノ恋情 1 (Dariaコミックス)



(あらすじ)

出版社のデスクでゲイの宮田は、恋人に過去の恋愛への未練を指摘され振られてしまう。二丁目で自棄酒していた宮田だが、偶然仕事相手のレザーブランドの代表・伊倉と出くわす。バイだと言う伊倉に飲みに誘われるが、すげなく断る宮田。後日、仕事への支障を心配する宮田をよそに、伊倉は宮田の事を気に入ったと、プライベートでのつきあいを求めてきて…!? 大好評「純情」スピンオフ登場!!


富士山さんのお話好きだったんですけど

なんかパターンが同じような感じの作品が続いてきたせいか

いつのまにか読まなくなっていたんですけど

これは表紙買い♪

攻めの男同士の二人が表紙ときたら・・・

しかもあらすじもちょっと心惹かれちゃったし、ということで買いました(笑)

純情」シリーズで当て馬役だった宮田が

今度こそ大事にしたいと思っていた子に振られて

意気消沈しているところに

仕事関係で知り合った男、伊倉にオセオセで迫られて

押し倒されるお話なんですけど

最初は迫られるというか、

お酒や食事に付き合わされることすら不快感を感じていたのだけど

いつのまにか、その関係に慣れきって

自分の中の苦い過去の思い出すら浄化できていることに気がつくのです。

こういう細かな心情が伝わってきているところが富士山さんの漫画に惹かれている

理由なんだろうなと思いつつ

攻め×攻めのようなこのふたりの関係がどう深まっていくのか

楽しみです!



拍手[2回]

花は咲くか (3) (日高 ショーコ )

花は咲くか (3) (バーズコミックス ルチルコレクション) [コミック]
日高 ショーコ (著)

花は咲くか (3) (バーズコミックス ルチルコレクション)




(あらすじ)

蓉一の同級生・藤本の挑発をきっかけに、桜井もまた水川家への下宿を決めた。
互いに強く惹かれていく桜井と蓉一だったが、逡巡し踏み込めない日々が続いている。
そんな時、菖太の父親が突然水川家を訪れた。
その時、桜井と蓉一は…?


待望の第三巻

コミコミでのポストカードかアニメイトでのペーパーか悩みましたが

アニメイトで他に欲しいモノがありましたのでこちらで購入いたしました。

お互いに強く惹かれていることに気がついたふたり

初めての感情に戸惑いながらも、今までの生き方で足りなかった点を補おうとする蓉一の

けなげながんばりさが愛おしいです。


そして、蓉一への想いを深めていっているのに

大人だからという分別を必死に引っ張って無駄な努力をしている桜井にヘタレだなぁと思いながらも

その臆病さは案外手に入れれなかったときのための傷つくことへの予防線だとわかっている。

これから大人になろうとしている蓉一を年齢差20上の自分ではふさわしくないと

諦める理由にしたり

何も知らないが故の無知に漬け込んでいるんじゃないかと不安になったりしながらでも

その無知に漬け込みたい気持ちになるのはしょうがないじゃないか開き直ってみたり・・

そのぐるぐる回る気持ちの揺れが苦しいというのはわかるのですが

大人でも恋をしたらいつでも初恋のように震えやときめきを感じれるんだと

ちょっと腐った大人であるあたしからしたら羨ましく思えましたけどね(笑)

そして恋が進みそうでいて決定的に進んでいないのですが

桜井のほうでは大阪への転勤が進んでおりまして

二人の恋もその転勤と共に転機がいやおうもなしに訪れる気配です。

次回は今年の末でしょうか・・

それとも雑誌で追いかけていかなきゃいけない気配(笑)?

楽しみが待っております♪




コメントレスです♪

あきりんりんさん
>出版社の罠
まさしくまんまと術中にはまってますよね(笑)
ツンデレ発動して、その手に引っかからないんだからね!と言いたいのですが
気弱な小市民なので言えません・・・
>何かお手伝いできるときはしますからね
いつもいつも優しいお声かけていただいてほんとうにありがとうございます(ぺこぺこ)
また図々しくお願いしちゃうとおもうのでまたよろしくお願い致します。(人・∀・)




拍手[0回]

憂鬱な朝 3 (日高 ショーコ)



憂鬱な朝 3 (キャラコミックス) [コミック]
日高 ショーコ (著)




(あらすじ)

佐条公爵家の令嬢との婚約話が進行中の暁人。折に触れ、房子を訪ねながら、桂木に黙って当主権限を使い始める。また、友人・石崎の父親に面会し、媒酌人を依頼する。ところが石崎は、「今後の援助を惜しまない代わりに、桂木智之が欲しい」と難題を突きつけてきて・・・!? 美貌の家令と若き子爵が織り成す、クラシカル・ロマン最新刊!!



「憂鬱な朝1」
「憂鬱な朝2」

と続きとうとう三冊目

謎だった部分がどんどん解明されていっております。

起承転結のまさに転の部分のような怒涛の流れが面白かったです。

二人の気持ちのままに自然にいられればそれで幸福はつかめたんでしょうが

生きて行く上で過去はみんなにあって

その重荷は誰もが背負わなくてはいけないものだから

どうしようもないのだけど・・・

切ない流れでした。

あと一年またなきゃいけない苦痛を楽しみにかえて待っていたいと想います。


この本のカバーの応募券とキャラセレクション7月号で
描きおろしペーパーとカバーイラスト図書カードがいただけます。
ペーパー一枚のために不要な雑誌を買ってなおかつ900円の金額が飛んでいきます・・
ペーパー一枚のために・・・
たぶん応募してしまうでしょう(笑)

拍手[2回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People