忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

微熱の果実~バタフライ・スカイ 1  限定版(冬乃 郁也)

微熱の果実~バタフライ・スカイ 1 (Dariaコミックス) (コミック)
冬乃 郁也 (著)
崎谷 はるひ (著)



(あらすじ)

ホストクラブ『バタフライ・キス』のNo.1光聖とNo.3の秀穂。性格も客層も真逆の噛合わない二人だが、勢いで始まった身体だけの関係をずっと続けていた。クールでインテリ然とした喰えない男・秀穂を毛嫌いする光聖だが、内心その手腕を認めてもいた。相性の良いセックスと、相手を受け入れきれない気持ち…。心と身体のギャップにわだかまりを感じる光聖だが――。



正直なところ冬乃 郁也さんの絵が苦手だったのですが、

崎谷さんの小説がつくということで購入いたしました。

ぼくらが微熱になる理由~バタフライ・キス~」「バタフライ・ルージュ」に続くシリーズ第三弾。

一冊一冊主人公が違いますので単品で読んでも支障はないとおもいます。

限定版についた小冊子は 「バタフライルージュ」のエロ担当カップルなので

限定版買われた方はこれを読んで置いたほうがいいかもと思います。


このお話はホスト×ホスト

バタフライキスというホストクラブでナンバーワンの座をほこる光聖と

バイトながらその穏やかな?ふりをしている人望あるナンバースリーとの関係です。

穏やかな人柄をほこるホストの一癖もふた癖もありそうな目がよいのです。

正直冬乃さんの書かれる人物に魅力を感じたのはこれが初めてです(笑)



出会った瞬間になにか反発するものを感じるふたりが

ふとした瞬間に肉体関係を持ちます。

身体での会話はあっても、ピロートークはあっても

本当の意味での会話のない二人ですのでささいな誤解が大きく発展していきます。

攻めのNo.3の秀穂が店をやめると言う事実を周囲から知らされ

心穏やかでいられないNo.1光聖

正直、ちょっとお話合いすれば解ける誤解と言うか

素直に会話しましょうねといいたいところなんですけど

そういっちゃったらお話にならないですよね(笑)

誤解が曲解をよんで、どうしようもなくこじれていく感情を十分に楽しむことができました。

続編が楽しみです。


小冊子のほうはエロ担当のホストクラブ経営者の将嗣とフリーのwebデザイナー兼SEの千晶のお話です。

あいかわらず会話と言うか、身体での会話を十分に堪能しております。

あの壊れきって、ただれきっていたふたりの甘甘なその後が堪能できてよかったです。



いつも拍手&コメントありがとうございます。

大したことは書いていないのですがすごくすごくはげみになっております。

みなさまにとっても楽しい記事であれればとおもっておりますが・・・(精進します・・)

またよろしくお願いいたします。

コメントレスです♪

ゆうみさん
ドナドナするまえには勇気をだして読んでみて下さいませ~
新しい世界が広がるかもです♪
ただ・・ちょっと勇気と元気がいる本だとは思います。
でも、恋愛ってみんながみんな楽しくて幸せでないなぁということを感じました。
傍からみて、どうしようもない関係だと思われても
本人たちさえ幸福であればいいんじゃないかなと価値観が広がりますよー。
オヤジから鬼畜へとどんどん世界は変わっております(笑)

コメントありがとうございました!





拍手[1回]

PR

恋愛操作3(蓮川愛)

恋愛操作 3 (スーパービーボーイコミックス) (コミック)
蓮川 愛 (著)




        ↑通常発売版

←アニメイト版

(あらすじ)


接客、インテリア、酒の味、何をとっても一流のバー「JIRI」。一ノ瀬 恵は、接待中にセクハラを受けていたところをバーテンダーの笹谷 薙に救われ…恋に落ちる。だが、自分の一方的な想いから、ようやく薙の恋人になれた恵は、強引に抱かれる自分の事を「ただの便利屋」だと思い始めて…!? ファン待望、笹谷と一ノ瀬の続編&奥村と山代の番外編が遂に登場! 大人気シリーズ第3弾は日常を綴ったオールスター描き下ろし付きv



奥村と山代のカップルが好きなので、アニメイト版の表紙がほしくて購入したのです~

ですが・・・

この表紙だけ???という違和感がありました。

なぜなら・・以前新田さんの漫画でもアニメイト版の表紙がでていましたが

それは、通常版の表紙の上にアニメイト版の表紙がつけられていたので

購入した時はあれぇ・・・という感じでした。

通常版の表紙で保存しておくわけではないので別にいいんですけどね。



ということで感想です。

恋愛操作のCD3が発売されたせいでしょうか、

はたまた人気のせいか、コミックスには珍しい特別大型ピンナップ付き

おまけにカラーページ3Pではじまっております。

蓮川さんは挿絵でもそうなんですが、漫画でも手を抜かないというか

線の一本一本も、

またはカラーの一色一色も手を抜かないできれいに麗しく描かれております。



今回のお話は山代に片思いをしていたバーテンダーの笹谷が

一ノ瀬に惚れて惚れてヅクヅクになっているのに

過去の恋が好きだ惚れていると押し切っていた割に

全部うまくいかなかった経験があるので

一ノ瀬に好きだと言わせても自分からは決して想いを告白したりしちゃわないのです。

傲慢で傲岸不遜で横暴な男に見せかけて、じつはこんなにかわいい男だったんですね・・・


そのせいで、すごく不安になった一ノ瀬は笹谷から離れようとまで決心するのですが

酔った笹谷から本音を聞かされると

もうメロメロで甘やかしつくしちゃうんですよねー

いじめっ子笹谷のいじめは甘えの裏返し~なんで

こういう男に惚れちゃったのならもう苛められるのはしょうがないですよね(笑)


まぁ一ノ瀬のほうにも自分のできる以上に甘やかして虜にさせたいなんて

企てて?いるので、

ある意味究極の破れ鍋に綴じ蓋カップル・・・と思いました。





小編ですが山代と奥村の日常も垣間見えて楽しい一冊でした。

山代のささいな一言に突き動かされて、

食事を和食にしたり

ジムに通ったり努力を忘れない男奥村がかわいいと思えるのは

オヤジスキーのあたしだけですか(笑)


それと、以前から話の要所要所にちょこっとでてきていた奥村の甥の式の

存在が今回はよりクローズアップされていましたよね~

あの何もかも知ってて、洞察力もあって

なおかつちくちく苛めてすましている式さんは・・・


冷たい女王様受けで、攻めをびしばしと苛めていると妄想しちゃっていいですか(笑)




コメントレスです♪

ゆうみさん

こころよく了承いただいてうれしいです。
雑誌は買いたくないという気持ちみんなにあるとわかって心強いです
>烏城さん登場と高星さん登場ということで小説キャラをポチってしまった
いえいえいえ・・気持ちはわかります。
だってキャラセレクションに「憂鬱な朝」が掲載されているのをみて
ついレジに持って行きそうになったあたしがいますので・・(笑)

コメントありがとうございました!

mさま

メール無事に届いております。
あたしのほうからのメールが届いていないようで・・・
なんででしょう。
メールすら碌に届けれないあたしを許してください・・

かさねがさね平身低頭でお詫びの土下座しなきゃいけませんね(;;

今回の返信は無事に届いたのかどうかが不安です・・

またよろしくお願いいたします。

拍手[1回]

その手の熱を重ねて 1 (富士山ひょうた)

その手の熱を重ねて 1 (Dariaコミックス) (コミック)
富士山 ひょうた (著)




(あらすじ)

オーナーシェフの渚 天景は古賀凪紗という同じ名前を持つ綺麗な男と出会う。
それ以来、定期的に店を訪れる古賀だったが、ある夜、店で酔いつぶれてしまう。
仕方なく自宅に連れ帰った渚だが、誘われているかのような古賀の様子に思わず
キスをしてしまう。しかし、その翌朝、何も覚えていない様子を見せつつも
思わせぶりな態度の古賀に渚は動揺し--…。
富士山ひょうたの最新作がいよいよコミックス化!!



出会ってから恋に落ちていく時間をすごく丁寧に書かれています。

富士山ひょうたさんの「純情」とか、

すでに出来上がっている2人の時間を書かれた「ディア・グリーン」にも

共通しているものなので

この世界観を愛される方なら、十分に堪能できるお話です。


拍手[1回]

指先で愛を語れ (深井 結己)

指先で愛を語れ (花音コミックス) (コミック)
深井 結己 (著)



(あらすじ)

ノンケだとあきらめていた大学の後輩・総太と、一夜を共にした檜垣。
晴れて恋人同士★…と思っていたら、
総太にとって自分はセックスフレンドの一人だという。
大学を卒業し、トレーナーと社会人選手の立場になってからも、
体だけの関係が続いていた。
奔放で淫乱な総太は、本気で人を愛することがわからないと言うのだが…!?

表題作他、年下社長×眼鏡秘書など、片恋アダルトラブ満載★ 描き下ろし後日談つき!




前作「それは僕の愛じゃない 」がすごくよかったので購入してみました。

ノンケだからとあきらめていた存在だったクラブの後輩の総太

じつは夜の街で奔放に遊んでいたわけでして・・・(笑)

その現場を見てしまい、

一夜を過ごすことで恋人になれたと舞い上がる檜垣でしたが

そう簡単にはいきません(笑)

総太は両親が離婚してしまい、最愛の双子の兄と引き離された経緯もあり

愛だ恋だのを信用していません。

ただ体を通して快感を得ることだけが大事と

斜にかまえた彼の心の孤独は思ったより深いものでした。



にこにこと愛想がよくて

誰にでも愛されて

誰も愛さないかわいい男


本気で愛せれる存在に育ててくれた男は離しちゃいけませんよと

おばちゃんは呟く(笑)



前作では誰からも愛される弟にコンプレックスを感じる兄の孤独を

すごくおまく描かれておりましたが

今回の作品では誰からも愛されるようにがんばりながらも

誰も愛せない弟のコンプレックスをうまく描かれておりました。


拍手[0回]

いとしい悪魔(斑目 ヒロ)

業務連絡です(笑)

先日、拍手機能を飾りと見栄でつけてみたところ

さっそく、拍手とコメントをいただきましてありがとうございます。

もうね。すごくすごく嬉しいです。

だから、いままで読み逃げだけでコメントも拍手もできなかった

小心ものであったことにちょっと反省をいたしまして

読んでいてためになったこと、感心しきり意見などなど

どんどんコメントとか拍手で送りたいなと思っております。


もし、勇気とまめさで拍手いたしておりましたら

あ・・あの小心ものさんねと温かい目で見逃してやってくださいませ。

ということで、今回はあの大爆笑ものの作品「かわいい悪魔」の続編

の感想です。
いとしい悪魔 (バーズコミックス リンクスコレクション) (コミック)
斑目 ヒロ (著)

(内容)

超美形でカリスマ的存在ながら性格は極悪の成瀬楓太と、そんな彼になぜか好かれてしまいつきあうことになった優等生の秋吉透は、二人そろって同じ大学に進学する。
しかし、学部が違うためすれ違いの日々。
そんな時、大学で知り合った成瀬の旧友の檜山千晶に優しくされ、秋吉は誘われるままコンパへ行ってしまい―――!?








もうあたしごときが感想を書くなんておこがましいと思いましたが

とりあえず一言

魔性のさん兄弟の中で一番気になっているのは

強面の風貌をしておりながら、こころは天使のひさし君

大学生になって・・・

翔ちゃんに美味しくいただかれたのでしょうか?

拍手[5回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People