忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パーフェクトな相棒 (洸)

 

パーフェクトな相棒 (キャラ文庫) (文庫)
洸 (著)
亜樹良のりかず (イラスト)
 
(内容)

ボストン市警殺人課の刑事でコンビを組む、冷静沈着なケンと熱血漢のマーク。ある殺人事件を任されていた二人は、容疑者として上がったギャンググループを追っていた。しかし、マークの行き過ぎた捜査から彼らの怒りを買い、ケンが報復を受けてしまった。 自責の念にかられるマークと、平静を装うケンに微妙な距離が…。さらに、二人しか知らない極秘の捜査情報がなぜか犯人側に漏れ彼らの間に溝が――。 単独で犯人の足取りを追うケンは、この事件が単なる殺人事件ではなくもっと大きな組織が絡んでいることを突き止めるが、逆に拉致される。マークはケンを捜すうち、裏でその組織と通じている人物を突き止めるが…。
キャラのフェアで手に入れた一冊です。

最初であった時は、

水と油のように違った部分がどうしても相容れなかったふたりだったんですけど

コンビを組んで事件を捜査していくうちに徐々にライバルだけど相棒としてよい関係を重ねていくのです。

熱血漢のマークの行き過ぎた捜査のせいでケンが報復をうけてしまうことに・・・

自責の念に駆られるマーク

男として、刑事としてのプライドで平静を装うケン

ここらあたりの二人のやり取りとかなかなかスピードがある文体でおもしろかったです。

自責の念だけでなく恋心抱いていたマークが

それとは気がつかないまま拉致され、暴行をされてしまったケンの苦しみを軽くしようと

記憶を上書きしてやるとケンを抱いてしまうのです。

これって・・・

ケンのほうも合意というか、かすかに恋心抱いていたので同意の行為になったんでしょうが

かなり強引な口説きじゃなかろうかです(笑)

一歩間違えればセクハラと言うか・・・

犯罪ですよね(笑)

恋の進展とともに事件の裏の裏側までいきつき

ケンともマークとも親しみのある方が犯罪の大本ということまでいきついてしまいます。

なかなか展開がよくて楽しい一冊だったんですけどー

あたしの萌えかといわれたら・・・微妙なとこで

フェアーでなかったら買わなかった一冊だと思います(笑)

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People