忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハニービート (神奈木 智 )

ハニービート (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
 神奈木 智 (著)
麻々原絵里依(イラスト)



(内容)
 
腕利きのボディガード・如月花の前に、臨時の相棒として二年前までコンビを組んでいたユンが現れた。当時、綺麗な外見に似合わぬ激しい性格の花を、三年かけて口説き落としかけていたユンは、花を庇って怪我をしたのを機に突然姿を消していた。思わぬ再会に動揺する花だが、相変わらずアプローチを掛けてくるユンの本心が分からず―!?待望の文庫化。
買うつもりはなかった神奈木さんの本ですが、麻々原さんの絵があまりにもハート直撃だったので

買っちゃった一冊です。

怖いわ・・このBLマジックって(笑)

切ない恋とかは・・まったく関係ないのですが

いろいろな事件がもとに、このふたりの恋も絡んできてなかなか楽しい一冊だったのですが

なんといえばいいのか・・・

自分がこの作中の人物になりきれないまま、小説を読んだという感触です。

誰かの心中になりきって涙流したいときには不向きでしょうが

意地っ張りでプライドが高い受けが恋人に翻弄されて

美味しくなっていく状態を楽しみたいときには最適の一冊だと思います。


お話は腕利きのボデイガードである如月花のまえに新たにコンビを組むと紹介された

ユンが現れた時から始まります。

綺麗でたおやかなかわいさをもった花は非常に自尊心が強く、というか

可愛い外見に似合わない強さをもっておりました。

あるいみ、外見が可愛すぎて中身をきちんと知ってくれないというのが

花のコンプレックスだったせいでよけいに過剰な反応をしてしまうせいというのもあるんだと思いますが。

その花に一目ぼれしちゃい、押せ押せで押してきたのが異常にIQの高いユン

彼らの恋がかなったはずのそのとき事件が起こり

花をかばって受傷してしまったユンは花のもとから姿を消してしまうのです・・・・

消えたことが返事と花は必死になって忘れようとがんばっていたのに

「やり逃げ」男であるユンはひょうひょうとしています。

ある事件を解決にしていくにあたってますますユンの魅力に気がついて魅かれていく花

そんな花の気持ちを今度こそ手に入れたいと思うユン

ふたりの人物設定がものすごくよくて、ふたりの会話も気持の揺れも楽しく読ませていただきました。


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People