忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラブストーリーで会いましょう〈上〉(砂原糖子)

ラブストーリーで会いましょう〈上〉 (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
砂原 糖子 (著)
陵クミコ(イラスト)


(内容)
 
海外取材から帰ってきて早々、上芝駿一は人気恋愛小説家・庭中まひろの担当に。初対面の庭中から伝えられた上芝の仕事は、庭中が送るシナリオ通りに作中の男を演じてみせろ、というものだった。しかも主人公の女は庭中自身が演じるという。分刻みでスケジュール通りに行動する庭中と、シナリオに沿った「デート」を繰り返す上芝だったが…。


砂原さんを最初に真剣に (←ここ重要(笑))読み始めたのが

夜明けには好きといって」のシリアスなシリーズの本からでしたので

最初はこのコメデイなんだかドタバタなんだかのテンポについていけずに放置気味でした・・・

下巻にはいってから、なぜ庭中まひろがそういう珍妙な時間とか予定調和を求めるのかが

理解できてからは面白さがましたような気がしました。

時間に縛られたがる茅島さんだと思えば愛おしさもましてきましたし(笑)


作家である庭中が小説の中で作中の女性のような気持ちになるためにと

考え出した方法は・・・・

シナリオを作って担当編集者にその作中劇を真剣に?演じていただき

その女性の気持ちを実感するという方法でした。

最初上芝がはじめてのの雑誌の担当者ということになりましたが

いままでの方法を変えることなど考えたこともなかったので、この方法を使ってましたが

なんといっても今までの担当者とは規格外というか・・・・

わざと落としたエスカルゴは拾って食べろとばかりに皿に戻してくるし

ムーデイな曲を指名したら・・・ジャカルタ音楽だし

差し入れしてくれたらと思ったらたこ焼きだし

飼えともってきたものはマリモだし・・・(笑)

でも、そのひとつひとつにいら立ちながらも上芝に魅かれていく庭中

庭中の珍妙な奇癖にあきれながらも、そのかわいらしさに魅かれていく上芝

そのふたりの恋の気持ちがじれじれした感じですれ違って行くというか

微妙に伝わりきらないというか(笑)



恋のじれじれ感たのしみたいかたにお勧めだとおもいます(笑)

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People