忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋する遺伝子―嘘と誤解は恋のせい (小林 典雅)

恋する遺伝子―嘘と誤解は恋のせい (白泉社花丸文庫 こ 6-4) [文庫]
小林 典雅 (著)
小椋 ムク (イラスト)





(あらすじ)

♪:ピン・ポン・パン・ポーン!
本作品をご購読の前に、↓をご確認ください。
1,男性が妊娠することを許容できる
2,それが攻めであっても問題ない、むしろ惚れる
3,受はエロカワもいいけど、ツンデレもいい
4,『授乳プレイ』や『妊娠中S○X』も任せろ
5,大どんでん返しは娯楽作品の醍醐味だ
6,もともと小林典雅に正統派は期待していない
――以上、三つ以上YESのあなたは神様です!
そんなあなたに捧げます、『嘘と誤解~』第2弾(ハート)


あいかわらずの典雅節でおもしろかったです。

1、男性が妊娠してもいいじゃない♪
(本音;女だって生みたくない時あるだろうし~)

2、攻めだろうが受けだろうが、妊娠したい人間が妊娠したらいいじゃない♪
(望まない妊娠よりは望まれた妊娠のほうがいいと思うのです♪)

3、受けはツンデレじゃないといけません!
(あたしの好みですから(笑))

4,『授乳プレイ』や『妊娠中S○X』も好きならば好きなようにしてください!
(他人の萌えは自分の萎えという場合も多々ありますが、個人の自由というものは大事です)

5,大どんでん返しは娯楽作品の醍醐味だ
今回の大どんでんがいしはあんまり好みではなかったですが
楽しく読ませていただきました。

6,正統派・・っていったいなに(笑)
期待というか面白い典雅さんを期待してますから(笑)


さぁみなさんの答えは何になりましたでしょうか(笑)?

今回は前作の「嘘と誤解は恋のせい」で大学生結哉の恋の手助けをした騎一が主役です。

ええ、攻めでした(笑)

攻めですのでご懐妊なさいます(笑)

劇団で演じると言うことを生業とする騎一にとって神さまのような劇作家が

妻とともに急な事故で他界されます。

その劇作家ご夫婦が生前妊娠するために受精卵を残していることを

バイトの帰りに知る騎一でした。

急に妊娠できる女性を見つけれないため困っている研究者と

劇作家の息子の会話を聞き受胎することを決心するのでした。

故人である劇作家の父との間にぎくしゃくした気まずい想い出しかないまま

大人になってしまった尚にとって

父の遺伝子の存続なんて忌まわしいものでしかなくて

受胎を決意した騎一の存在すら関わりたくないものでしたが

いつのまにかほだされ懐柔されて同居にもちこまれ

いつのまにか惚れさせられちゃって授乳させられちゃうし

妊娠中性生活の体験までいっちゃう・・・・・

のですが

実は実はこれはすべて騎一と尚が所属する劇団シベリアブリザードの演目でした(笑)


うーん

まぁたしかにこうきたらこうまとめるのか・・・

さすが典雅さんとうならされました(笑)


でも、萌えエッチは若干少なめですが、

そこは前作のカップルの大学生結哉とサラリーマンの和久井に補充してもらってます。

アンケートを新たに騎一がつくるのですが

それをまたふたりでねちっこく語らいながらエッチしながら答えてくれるのですが

ますますバカップルになってました(笑)


拍手[5回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ええっ!?

そんな展開、アリですかっ!
そ、それって一応BLなのですよねっ?!
なんて不可思議わんだーらんど……
私、目が点になっちゃいました~

しかもイラストがムクさん。
わ~、崎谷さんの「謙ちゃん・颯生」シリーズで
好きになったレーターさん!
気になるわぁ……
今度、チェックしてきます(`◇´)ゞ

そうそうありなんです!

おはようございます
そういう展開が大ありなのがBL界では唯一典雅さんなのです!(笑)
一応も二応もBLですので一度怖いもの見たさで読んでみませんか?
  ↓
出版社の回しものではございませんが(笑)

お勧めはこれの前作の「嘘と誤解は恋のせい」と「美男の達人」です
これでSHYUさんも典雅さんファンになりますよ~
すべて花丸文庫からです~
チェックよろしくです♪♪

無題

花丸文庫、割と好きだったりします。
小説花丸もほぼ毎号買ってたり・・・。
前号の小説花丸の付録CDが、
「本音と妄想は恋のせい」・・・だったような、確か。
結哉と和久井さんのアンケートの問答でしたけど。
(なんで、和久井が“さん”づけ??ww)
色っぽさより笑いが出てくるのは声優さんのせいではありません。

花丸文庫、口絵が無いんですよね。
デンジャラスなイラストは必須ではないですが
カップルの色っぽいところ、欲しいですよね。

さすがです!

>小説花丸もほぼ毎号買ってたり・・・。
雑誌はあんまり買いたくないといいながら最近はリンクスだのデイアプラスだのけっこう買ってます(笑)
雑誌のメリットは新人さんのチェックもできたり、気になる作者さんも早く読めたり、CDとかいろいろありますよね~

この本の書きおろしは雑誌のCDのHは寸止めだったので加筆してくれているそうですので、CD聞きながら読めばより楽しいかもしれません♪
そういわれてみれば花丸は口絵がありませんね・・
いわれるまで気がつきませんでした。
うんうん、カップルの色っぽいところ書いて置いといてくれたら
妄想もよりカラフルでいいですよね~

コメントありがとうございました♪

トラックバック

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People