忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この佳き日に(海野 幸)

この佳き日に (二見書房 シャレード文庫) [文庫]
海野 幸 (著)
小山田 あみ (イラスト)




(あらすじ)

俺を貴方の、最後の男にするって誓ってください !

「 ――……俺、男と寝たんだ…… 」結婚式当日花嫁に逃げられた春臣は、
ウェディングプランナーの穂高と禁断の一線を越えてしまい !?

「 なんだよこの人、可愛すぎるだろ ! 」――結婚詐欺に遭い、
結婚式当日花嫁に逃げられた春臣は、その夜、
担当ウェディングプランナーの穂高に誘われるまま、
初めて男といたしてしまった。
確かに穂高は美人で気立てもよく、昼の堅実な仕事ぶりも、夜の妖艶な色気を滴らせた姿も魅力的だったけれども。
いや、しかし! 結婚式のショックよりも、男を抱けた自分にうろたえる春臣。
だが、ふとしたときに見せる穂高の無邪気な笑顔が
抗えないほど可愛く、そんな穂高を独り占めしたいと思ってしまい――。


この作者さんの前作「40男と美貌の幹部」がおもしろかったのと挿絵の綺麗さで買いました(笑)

結婚式で妻となるひとに放置されたあげく

担当ウェディングプランナーの穂高に誘われるがままいたしちゃった春臣です。

理想の妻となるひとに逃げられたショックより

綺麗な人とはいえ男といたしちゃっていることにショックを受けているあたりで

もうこの恋は始まっていたようです(笑)

妻に逃げられた春臣に生きがいをあたえるために

まぁぶっちゃけていえば落ち込まないようにと姉と兄が協力して?

自社の商品をコマーシャルするために結婚式をプロデュースすることになってしまい

ウェディングプランナーの穂高と仕事をすることになってしまい

なんとなく流れで寝てしまったのです・・・(笑)

「二度も同じ過ちをおかすわけにはいかない」と逃げる春臣

「一度しちゃえば二度・三度も同じ」と誘惑する穂高

そのいろっぽさにぐらっときてまたまた激しい夜をむかえちゃうのです。

完璧なやさしい人と思っていた穂高の以外に短気で荒っぽい側面をしるにつれ

ますます心魅かれていく春臣でした。

仕事の上で穂高の昔の男があらわれたり

結婚詐欺の妻になるはずの女性をおいかけたり

いろいろな事件がからみながら

お互いの気持ちに気づいていくというシーンがテンポよく書かれていました。


これ‥小説でもけっこう楽しかったのですけど

漫画とかCDにしても楽しめる作品だと思います。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People