忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はじまりは窓でした。 (名倉 和希)

はじまりは窓でした。 (新書館ディアプラス文庫 227) (文庫)
名倉 和希 (著)
阿部あかね(イラスト)

 


(内容)

自分にも他人にも厳しく、部下から煙たがられている吉国(よしくに)。ある日、ワケあって自分の股間をチェックしていると、高層ビルなのに窓の外から視線を感じる。顔を上げたら、そこには窓拭きの清掃員・白柳(しろやなぎ)がぶら下がっていた――!! 口止めをするべく会社を調べて会いに行くが、彼は気持ちのいい青年で、一緒に食事をすることになり……?
 
窓拭き職人×エリートリーマン、働く男たちの年下攻ラブ!
イラストがなんか違和感があるなと思っておりました。
 
雑誌を探し出してみて気が付きました。
 
雑誌掲載時はイラストが北村小梅さんでした・・・

でも、阿部さんもお話の雰囲気に合っていてエロ楽しかったです。

お話もとんでもないところから始まりましてまたこの導入部がとんでもなくおもしろかった

というか意外性に富んでおりました(笑)

とんでもないというと・・・

完璧主義で、自分にも他人にも厳しい課長である吉国

ある日部下に説教をしておりますとコーヒーが運ばれてきまして

それが運悪く股間に・・・

淹れたてのコーヒーは熱く、服を着替えに更衣室に行き・・・

最近はめったに使わないものの・・・心配になって自分の大切な あれ を凝視してまして

それをまた部屋が暗いからとブラインドをあけると・・人が・・・・

高層ビルの窓の外に人・・・・

その人はなぜか吉国の下半身を凝視していて(笑)


最近のというかオフィス事情はよくわかりませんので、部下の女の子にお茶くみさせていいのか・・とか

下半身露出して握って調べていた状態で人の姿をみたらまずはブラインドを下ろすんじゃ・・とか

見た人も視線をそらすんじゃとか

いろいろ突っ込みどころはありましたが

お話の導入からぐんぐんひきつけたまま二人の関係は深まっていきます。

窓ふきをしていた白柳という青年を知るにつれ好感度UPしていきますし

お酒に酔ってどこか自制心をなくした吉国も可愛い存在です。


お酒に酔った上でのあやまちからいろいろあれこれされて

どんどんエロ可愛くなっていく吉国が楽しく読ませていただきました。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People