忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昔の彼に逢えたら (坂井 朱生)

昔の彼に逢えたら (ダリア文庫) (文庫)
坂井 朱生 (著)
タカツキ ノボル (イラスト)

(内容)

故郷を離れ十年、紺野は幼い恋とひどい別れを未だに忘れられずにいた。つらく苦々しい過去の記憶を残す紺野の元へ、突然、かつての恋人だった森尾が訪ねてくる。会いたくないと思いながらも変わらない森尾の姿にどうしようもなく惹かれ、次第に距離が縮まっていく。やり直したいと言う森尾に、心に傷を残す紺野は、期限つきの関係ならと承諾するが…。

再会愛という王道の物語
 
期限付きというせつない恋

あらすじを見る限り、あたしの好み100%という感じでしたので

予定ではなかったのですが購入に至りました。

が・・・

なにかが足りないといか・・・


やたら10年前のことにこだわりがあるのですけど、

そのこだわりが今のなにに結びついているのかがよくわからないので

主人公に気持ちが入りきらない感じでした。


家族の不和というか、

父親の浮気のために母親とともに祖父の家に行かなければいけなくなっていた紺野

けれど子供特有のプライドでそのことを恋人として過ごしてきた森尾に告白はできなかった。

けれど自分で自分の居場所さえ決めれない苛立ち・焦燥感

そんな感情をやたら森尾にぶつけてしまう。

友人として過ごしてきた時間

森尾の恋人としての甘えゆえのことでしてしまっていたのだけど・・・・

最後の時間を森尾と過ごしたくてデートの約束をするのだけど

森尾のも将来を決めていくための大切な日程だったので

逢う約束は守られることがないまま紺野は絶望と怒りを抱えて祖父のもとにいくことになる。

誰にも行き先は告げないまま・・・・


自分の内情をさらけ出さないまま、勝手に大切な約束を決めていたとしても

森尾にもわかりかねますよね。

それなのに身勝手にも怒りだけは忘れきれないまま大人になった紺野は森尾と再会し

再び恋に堕ちようとするのですが

期限付きならと答えるのです。

まぁ期限付きと思っているのは紺野だけで

森尾はそう思っていないのでまたややこしい誤解を紺野がして

うーん

ややこしいやつと感じてしまうのでした(笑)





拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People