忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

複数プレイフェアー小冊子

水原とほるさんの作家生活10周年記念として

「複数プレイフェアー」が開催されております。

既刊雑誌を一冊購入したらいただけるという例のあれです(笑)

中身は水原さんの「愛と贖罪」のその後と

中原一也さんの「双子の獣たち」のその後でした。

水原さんの作家生活10周年記念なのに何故中原さんとセット??

という気持ちがありました・・

大人の事情なんでしょうか・・

最近徳間書店さんがなさっているいろいろなフェアーについ懐疑的になってしまう

あたしの気持ちのせいかもしれません(笑)


愛と贖罪 (キャラ文庫)




(内容)

両親を亡くし、叔父の直人と暮らしている大学生の歩。
心に傷を抱える歩にとって、柔和な直人との生活は、
唯一の癒やしだった――。
ところがある日、見知らぬ人物と直人の
サディスティックな情事を覗き見てしまう!!
そのうえ直人は「歩も興味があるんじゃないの?」と
妖しく誘いかけてきて…!?


親の因果が子に報い・・・という古い一文を思い出してしまいました。

自分の父親が過去に叔父である直人に家庭教師としては逸脱した行為で

直人の元からあった淫靡な快楽が開花されたのか・・・

それとも男の手によって無理やり教えこまれた快楽にあえいで

自分はこういう人間だと貶められた結果なのか・・・

両親が亡くなり、叔父の直人と暮らすようになった歩は

ある日叔父が縛られ、倒錯的な行為で快楽に啼かされている場面に遭遇してしまう。

しかもそのことを叔父に知られ、叔父の手によって自らも体を開かされ

快楽とはなにかと教えられ淫靡な世界に引きずり込まれていくのです・・・


水原さんらしい綺麗な文章で流暢にまとめあげている一冊でした。

でも叔父である直人も男に抱かれてエスな行為を喜んでおりましたので

いくら愛に基づいているからといって

甥っ子の歩を抱くだけで満足できるのかなという疑問が流れておりました。

抱かれる二人の容姿がきれいなので

どちらかというと百合っぷる??と思うような感覚で読み終えたのを覚えております。


けれどこの小冊子では叔父の情人であるタカの手を借りておりますが

無事に歩も男子の本懐を遂げておりまする(笑)

叔父と二人だけで愛の生活を堪能している歩です。

けれど、叔父がタカに縄で縛り上げられ自由を奪われている姿を見せられ

その官能的な姿に引き寄せられます。

痛くない?と聞きながらも触っていいと聞いてしまうところがなんとも男の子だねと

呟きたくなりました(笑)

叔父を無事に抱くことができ、これからの二人の世界に光明が見えてきたと思う歩に

タカがかけた言葉が印象的でした。

「心がからっぽにならないようにいつも抱きしめていてやれ」

おそらく叔父の直人の空っぽさや空虚感を誰よりも理解し

でも自分では決して埋めきれないとわかっている大人の男だからこそでた言葉なんでしょうね・・


悲しい乾いた音楽を聞いているような小冊子でした。






拍手[0回]

PR

HOLLY MIX   安芸 まくら (著), 尾上 与一 (著), 木原 音瀬 (著), さと みちる (著)

HOLLY MIX (Holly NOVELS) [新書]
安芸 まくら (著), 尾上 与一 (著), 木原 音瀬 (著), さと みちる (著)

HOLLY MIX (Holly NOVELS)




(内容)

Holly NOVELS(ホリーノベルス)8周年書き下ろし番外編集。
人気タイトル作品の、その後から過去まで、それぞれの恋人たちの優しいシーンを集めてみました。
本編後はどうなったのか、あの時どうだったのかが、本書でわかります。

いとしい彼らとふたたび会える場所。それぞれの本編の番外小説を一冊にまとめました。

●安芸まくら
深井結己/画

『明日も愛してる』番外編
「今日も愛してる」

13分ごとに過去を忘れてしまう
恋人を見守る男は今日も……。

今までなら13分は記憶はとどめておけたのだけど
最近では12分しか留めれなくなってしまったのだ・・・
前向性健忘は進んでいく・・・
今は17歳の自分に戻ってしまっている
その恐怖すら12分の猶予しかないという悲しみ

恋人は毎朝ハウスキーパーとなって彼の悲哀の目覚めを支えてくれる。
すこしでも長い間覚えていてもらいたいと願う彼の真摯な気持ちに
心が揺さぶられるのです。


●尾上与一
黒沢要/画

『二月病』番外編
「真夏の花」

高校生最後の夏休みに千夏と
お遍路に出た蒼司はすぐに後悔して……。

お話のそのちょっと前の彼ら
高校生最後の夏を歩るき遍路に挑戦するふたり

蒼司にとっては二人だけの時間の中でどんどん恋心が熟成されていくのに
千夏にとっては友情を深めていくだけの日々

この想いはけっして叶うことはないとわかっているのに
けっして捨てられないと気がついてしまう。

切ないお話でした。
*
『碧のかたみ』番外編
「間宮」

この夏夢中になって読んでおりました。
書店別のペーパーを手にれるために我が家には三冊この本が並んでおります(笑)

あの戦場で、戦争の真っ最中に必死になって生きていること
生活を楽しむこと
生きている今を謳歌していたということが
すごくうれしいです。

このところの戦況のため昼もなく夜もなく飛び続けているふたりです。
とくに操縦士である亘の負担はおおきくばてています。

そんなときに給糧艦である 間宮 がはいってきたという情報がながれてきました。

名だたる有名戦艦より人気のあるこの間宮とは
食品の補給艦で肉魚など多量の食料品を補給するばかりでなく
内地にいてさえなかなか手にはいらないようなまんじゅうやアイスクリーム
なかでも間宮羊羹として名をはせている間宮で製造されている羊羹は
あの虎屋さんより美味しいそうです。

亘に間宮と俺とどっちが好きか?などと問うと
間髪入れずに間宮と答える亘です(笑)
好きなものと守りたいものというか、大切にしたいものでは
意味がちがうでしょうとツッコミ入れながらも
幸福そうな時間が、あたしまで幸福にしてくれました。

もし未読の方いらっしゃいましたら

是非本編と合わせて読んでみてくださいませ♪


●木原音瀬
小椋ムク/画

『リバーズエンド』番外編
「end roll」

吉田は十亀と合同で映画を
撮ることになり考えついたのは?

本編その後のみんなの様子がわかります。
あれから十亀は映画監督になり海外のでかい監督賞を受賞し
万はお父さんの遺産であるラブホテルが国の区画整備で買い取られたので
その時の資金をもとに2件のビジネスホテルとラブホテルを経営しているようです。
三十歳の万にますます十亀は心も体も惹かれているようです(笑)
弟も調理師の免許を取り割烹やカフェで実力をつけていますし
他の映画関係者のかたがたも地道に努力をみにつけはじめているようです。

そんななかで映画の新作を撮る話がでてきました。
それは十亀の自伝でというお話でした・・
ただ生きるだけで精一杯で幸福とか不幸とか考える隙間すらなかった
彼のあの過去を映画にしたいと働きかけていくのです。

自分のあのころの時間をまた繰り返す・・・
いい脚本だと思いながらも
そのことにしっくりと行かない感覚をもつ十亀

そんな十亀に万が告げた言葉は
モデルになっている十亀が見つめ返した過去でまたつらい思いをするところを
見たくないというのです。
姉や弟の悲しい死をみたくない。
むしろ映画だからこそ幸福になっているところがみたいと・・・

ほんまにそのとおりですよね・・
男女の惚れたはれたにうんざりしている自分がいて
生きているだけで悲しいと思うことが多すぎるので
せめて一時の夢を見ることができる時間だけは幸福な時間を堪能したいですもの。

「爺さんになってもそばにいろよ」
最上級のプロポーズだと思いました。



●さとみちる
秀良子/画

『日月星、それからふたり』番外編
「日月星、その後のふたり」

ホントに男が好きなのか赤城でいいのかを
考えはじめた実成は……。


●COMICショート
草間さかえ『生田さんちのこめ王子』番外編
黒沢要『二月病』番外編



あれとか、これとかの気になる作品のその後を新書という形で読めた幸福を

感じております。

普通なら同人誌という形をとるか、

はたまたよくある雑誌と既刊本を合わせて購入し

金額を振り込むか、為替を購入し

応募券を規定の紙に貼り付けて住所を買いて

封筒にも住所を買いて・・と膨大な手間がかかるのを必死になってやりとげて

半年か一年後にようやく受け取るという小冊子にならなきゃ読めないものですよね。

これをまとめて読めるということも幸福でした。

蒼竜社さんのご英断と作者様に感謝を送りたいです。


拍手[1回]

「複数プレイフェア」開催中♪

水原とほる先生の作家生活10周年を記念して、

キャラ文庫の既刊フェアを全国の書店で開催中!! 

題して「複数プレイフェア」v

対象作品をご購入いただくと、

水原とほる先生「愛と贖罪」&中原一也先生「双子の獣たち」の書き下ろし番外編小冊子がもらえます.


対象作品は以下の6作品! 

水原とほる先生「青の疑惑」「彼氏とカレシ」「二本の赤い糸」

中原一也先生「双子の獣たち」、西野花先生「溺愛調教」

宮緒葵先生「二つの爪痕」です。

開催書店などの詳細は、発売中のChara12月号を見てくださいね!

とのことです。



(内容)

両親を亡くし、叔父の直人と暮らしている大学生の歩。
心に傷を抱える歩にとって、柔和な直人との生活は、
唯一の癒やしだった――。
ところがある日、見知らぬ人物と直人の
サディスティックな情事を覗き見てしまう!!
そのうえ直人は「歩も興味があるんじゃないの?」と
妖しく誘いかけてきて…!?



(内容)

野性的な男前の新進モデル・篤志と、怜悧な美貌のエリート・悦司。
性格は正反対だけど瓜二つな双子の弟を、男手一つで育ててきた紅。
弟の将来を考えると、永遠に三人ではいられない―。
けれど独立を告げた途端、弟たちは「ずっと兄さんが好きだった。絶対離れたくない」と
紅を監禁!獲物に群がる獣のように激しく抱いて!?
血の繋がった弟に刻み込まれる罪深い背徳…究極の禁断愛。




コミコミさんでこのフェアーを知りました。

またまた既刊本特集です・・・

しかも対象表品がたったの6つ・・・

最近3Pにはまっていたあたしのための企画とも思いましたが

はまっていたがゆえにほとんどの作品を持っているというこの不幸(笑)

もう、笑うしかありませんよね(*´▽`*)



拍手[1回]

一穂ミチさんのペーパー 「熱帯ベッド」が届きました!

引っ越しをして、本を置くスペースが格段に増えたせいか・・

はたまた全員プレゼントで雑誌を買うことが多いので

以前のように雑誌を買うのはもったいないという意識が少なくなったせいか・・

最近もうどんどんと雑誌を購入いたしております。

いやー

人間ってこわいわ~(まったくもって他人風味でお願いします (笑)


そういうなか小説デイアプラスで雑誌購入時に付いているハガキに

感想やら個人情報やらをちょこちょこ書いて

80円切手を貼った返信用封筒を


一緒に送ったらペーパーを送ってくれるというあれに応募していたのですが

先日一穂さんのペーパーが届きました!


2013年に小説デイアプラスで掲載されていた「イエスかノーは半分か」の

その後の短いお話です。



「イエスかノーか半分か」は

完璧な外面と、誰にも秘密なダメな素顔。

そんな二面性を持つ計が、

裏表のないアニメ作家の都筑と出会って

知り合って恋して

誰にも見せれない素顔までまるごと愛されてゆくお話でした。

こう書いてみればすごく王道な話?

と勘違いしてしまいそうなんですが


そこは一穂さんなので

ものすごくコミカルで、でも一生懸命生きている人たちが幸福になる道順を

すごく楽しく萌えれるお話に仕上げてくれております。

早く文庫化してほしーーいと叫びたい本の一冊なのです。




ペーパーの内容は都筑視点

初めて計のお部屋にお呼ばれをしたしたそうです。

計の部屋は湿度をかなり高めに設定しているためか

空気がしっとりと身体に寄り添ってくる感じだそうです。

アナウンサーという職業柄なんでしょうね。

喉を大切にしております。

計のベッドに寝転んで書類を読み込んでいる彼

明日の結婚式の司会の下読みだそうです。

新郎新婦の出会いの馴れ初めについていまは悪態をついていても

明日になれば鉄壁の笑顔を見せて

虚飾の姿で振る舞うだろう計の姿が思い起こされる。


自分自身ではできない大人の対応を

完璧に過ごしてしまう計の姿を想像しながら


面白けれりゃなんでもいいかと思ってしまう(笑)


なにげない、ささやかな言い合いとかふれあいに幸福を感じているんだなと

思わせる楽しいペーパーでした。








拍手[2回]

ドキチク小冊子が届きました!

みなさま以前の記事をおぼえていらっしゃいますでしょうか?

そうそれはb-bーBOYキチクアラブ特集 です→感想はこちら☆

本屋さんで駐車場代無料にするために普段は購入しないアンソロ本を書いました・・

bーBOYキチクアラブ特集




新田さんにしては珍しいアラブのお話なんですが

最初は受けである異国の王子様がちょっと女女顔しておりまして

ちょっと苦手~かなと思っておりましたが

国が戦火でめちゃめちゃにされることを憂えて人質として異国に行くことになったのですが

その美しさゆえに目を付けられ国を滅ぼされそうになり人質となりにいくのですが

人質としての我が身を憂えるよりさきに幼き頃より共に育ったばかりに従者に選ばれ

自分に付いてくることになった共のものを心配するのです。

その男気に惚れたアラブの王子様も素敵でして

この二人の恋がどうなるのか不安と期待で・・・というところで終わっておりました;;)

この本一冊で応募できたのがb-boyキチク ドキチク小冊子でしたー







他のかたの作品が4P程度でしたが

新田さんの「禁覧の肖像」は16Pもありまして読み応え感満載でした!

応募に1000円もかかるののはねぇ・・とぶつぶつ言ってごめんなさいという気持ちで

いっぱいです。




ある船の上で秘密裏に行われているオークションの名は

セブンクラブ(大罪)

そこにはどこの国の法に従うのではなく

物・食・色 様々な人間の欲を満たすため

乗船が許された人間にだけは忠実なクラブ

そこに集まっているアラブの王子様たちにはお目当ての品があったようで・・・

アラブの王族が代々所有していたとされるイスラム圏では珍しい女性の肖像でした。

女性というだけでめずらしいのに

そこに書かれているには西洋人の顔立ちであるということ

そして、額縁に隠されていたけれど

なんとその人物のの手には宝剣が握っているということ

これはその女性のような優美な描かれ方をしているけれど、

実は男性であるということを示しているそうです。

何故遠い異国でこの美貌の青年は描かれたのか・・

何故性別を隠したのか・・・


というあたりで、キチクで掲載されていたあの話の後日譚?かなと思ってしまいましたが

この絵には実はおまけがついておりまして

この絵の謎を解明したいと答えを追い求めたクラブの主は

12世紀当時のイベリア半島にはアルバノという王国が有りまして

その美貌を謳われイスラム帝国に囚われた王子がいたことを突き止め

その亡国の王家の子孫を探してきたのです。

その子孫である青年の美しさに囚われて様々な人達が競り落としにかかるのですが

歴史をなぞるかのように

絵と青年はアラブの王家の王子様に落とされるのです。

その身を男娼あつかいされることに青年としては納得はしていたのですが

心の底からは受け入れてはいません。

アラブの王子様に反発していくのですが

そのアラブの王子様は片方が碧目なのです・・

王子の口から語られる何故この目が青いのか

青年の祖先がどのような人生を送ったのか・・・

とこれからの大ラブロマンスを期待されるところで無情に終わっておりました・・・

これは・・・これから先はみんなで想像で萌えて行けということでしょうか(笑)?

続きを期待していいのでしょうか・・・?



拍手[1回]

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People