忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

親友の距離 (杉原理生)


親友の距離 (キャラ文庫) [文庫]
杉原理生 (著), 穂波ゆきね (イラスト)





(あらすじ)

親友だと思っていた男から突然の告白!?応えないまま忘れてくれと告げられ、そのまま距離が遠くなって6年―。大学時代の親友・七海と仕事で再会した進一。動揺する進一と裏腹に、七海は気まずい過去など忘れた様子。何の屈託もない笑顔は本心なのか…?七海との過去を思い返しては、真意が掴めず戸惑う進一。けれど二人で飲んだ夜、酔った七海が「もう失敗したくない」と呟くのを聞き…。
杉原さんらしい綺麗な文章で

切ない気持ちがぎゅうぎゅうと押し込められております。


一話目は攻めの進一視点でお話が進みます。

グループ会社にいる綺麗な男の人のことが話題に上がってきております

綺麗でホモでやたら女受けはいいのに男に対しては受けが悪いその人のことから

昔の友人の存在が頭を掠めていく。

そして予感はあたりそのひとが実は高校からの友人で過去に思いを告白されていた

七海だと気が付く。

高校大学と同じだったのに卒業を機会に疎遠になってしまったふたりは

再開して以前とかわらないかのような付き合いが再燃しているのだけれど

それはやはり以前とはちがっていて

二人の間には七海が告白したこと、

それに進一が応えることができなかった事実があって

ふたりの関係はなぜか薄氷を踏むかのごとく進んでいくのです。

会うたびにさまざまな表情を見せる七海

そのもろさが妙に気にかかる進一なのです

七海が問うのです。

「おまえと再会してから俺は上手くやれているか?」と

失敗したくないからとさりげなくつぶやく七海の気持ちを考えると

進一のようなにぶい人間は叱り付けたくなるのはあたしだけではありませんでしょう(笑)

進一がやっと七海へのじれったたいと感じていた気持ちが恋だったということに気がついても

七海は抵抗を緩めません。

ゲイになるということで進一の家族をくるしめたくはなかっただろうし

自分が恋しい人の100%でなかったとしてもかまわなくて

ただただどこまでも進一の幸福だけを考えて行動します。

もう七海がほんとうにいじらしくって可愛くってすごくいいです!

拍手[4回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People