忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

是-ZE- (11) ( 志水 ゆき )


是-ZE- (11) (ディアプラス・コミックス) [コミック] 志水 ゆき (著)


(あらすじ)


自らが惚れ込んだ男・力一(りきいち)と、彼に懐いてゆく紙様(かみさま)・真鉄(まがね)。
真鉄を抱きながらも脳裏に浮かぶふたりの姿に、和記(わき)の胸は疼く。
そんなとき、滝に流れ着いた傷を負った兄弟が、和記の愛する桃源郷に変化をもたらす……。

和記の叫ぶ願いとは!?

超人気シリーズ『是?ZE?』いよいよ完結!! キャラクター勢揃いの描き下ろし番外篇も収録!!
壮大な流れの中で続いていたお話もいよいよ終焉を迎えました。

生きることにどんなに厭きてしまっても死ぬこともかなわない 不思議な存在和記

そんな和記を丸ごと理解し受け入れた力一が逝こうとしている

和記の癒されない孤独な疵を誰よりも理解し

ともに生きともに暮らすことで

生きることの喜びを与えてくれた存在が滅びようとするとき

自分の血のつながりのあるものたちで彼を ささえることを告げていく。

正直和記が番と決めていた存在である真鉄との恋より

力一と和記との関係が友情なんてうすっぺらいものでなく

でも家族よりも深く思いあっていて印象的すぎる。


その後力一の残された約束の言葉どおりに

その親族たちと神様たちの恋の物語で

成長し生きていく喜びを傍観者の目で見据えていながら

和記もまた癒えない孤独という疵を癒されていったのだと思う。

だからこそ魂が再生されるかもしれないし

しないかもしれない真鉄を再生させようという気持ちになったのではないかと思う。


一人の男の孤独と再生の物語だったのかもしれませんね。

正直こんな大きな流れのお話の最後をどう纏めていくのかわからなかったのですけど

いいお話をありがとうございましたの気持ちで 「是」を読み終えました。


拍手[4回]

2c1f1a33.jpg  ←クリックしてくださったら大きくなると思います。
 

 たぶん・・・
















PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People