忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不埒なパラダイムシフト(崎谷 はるひ)


不埒なパラダイムシフト (ダリア文庫) [文庫]
崎谷 はるひ (著),
タカツキ ノボル (イラスト)



(あらすじ)

名執真幸は、恋人の真野直隆と同棲している。仕事はできるが堅物すぎてどこか抜けている優しい直隆に、とても大事にされていることを実感する真幸だが、このところ「幸せすぎて怖い」という、以前の真幸なら考えられない感情に苛まれていた。そんなある日、仲間とバーで飲んでいたところ、仕事で遅くなると言った直隆が元婚約者の真理子を連れているところに出会ってしまって!?
しつこく「今更感想書くのかい」シリーズを続けます(笑)

「不埒なモンタージュ 」←弟の未直くんが自身のセクシャリティに悩み傷つきながらも
                自分の恋をかなえるために急発進してました。
                家族の理解なんてそう簡単にかなえられるものじゃないんでしょうが
                弟君のけなげさが可愛かったでうs


不埒なスペクトル」←自身のセクシャリティに悩みながらもカムアウトした弟を敬遠し病気扱いした
           兄・直隆は、反省と後悔の末にゲイの真幸と出会い、かれと付き合うようになる。
            出会いのきっかけは乗られた(笑)ということで

そして今回は兄・直隆ゲイの真幸の幸福な同棲生活のお話です。

仕事はできるけれど堅物というか空気が読めない男直隆と暮らしていることで

これまでにない幸福を感じながら暮らしている真幸


その幸福の余波というげきか現在は仕事も順調な様子

けれどある日仕事仲間である日比谷と打ち合わせに出た先で

直隆が元彼というか婚約者であった真理子と会っていたのです。

直隆にとっては真理子が離婚していてその慰謝料の投資についてアドバイスしているという

純粋に仕事上の付き合いなので後ろめたさなんかぜんぜんなし

ちょっと・・・人間の感情の機微について知ろうとしたらーーと

直隆に散々怒鳴りつけたい気持ちになること多数(笑)

でもそういう直隆が真幸にとってすごーーく理想なんだから

しょうがないんでしょうけどね。

そして真幸にとっても衝撃的な出来事が・・・

真幸のセクシャリティを知ることで殴りつけて縁を切られたはずの兄から

メールが届き、連絡を請うのです。

縁は切られたまま10年の月日がたっていて

家族に対して深い愛情はあるのですが

以前傷つけられた出来事があるのでついつい避けてしまいます・・・

お互いがお互いの事情で心覆われているせいか

はたまた同棲生活ゆえについつい相手の存在に甘えているせいか

お互いを思いやる気持ちはあるんですけど

それが空回り気味なふたりの生活なのでした。

もうちょっとちゃんと話し合いましょうねといいたくなりましたが

直隆にとって可愛い可愛い真幸なので

守ってあげたい気持ちが非常に強いんでしょうね(笑)



小編2つ載っていましたが、弟の結婚生活も順調な感じでよかったです。

もうちょっと弟のエロ可愛いところがみたかったような気がしましたが

落ち着いてきた先輩夫婦の貫禄がでてましたね(笑)






        

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People