忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

帰らなくてもいいのだけれど (内田 カヲル )

帰らなくてもいいのだけれど (バンブーコミックス 麗人セレクション) 内田 カヲル (著)

(あらすじ)

高校の先輩と後輩が再会し、漫画家と漫画編集者から恋人になった坂口と藤代。数々の苦難を乗り越え、公私共に深い絆で結ばれた二人に最大のピンチ到来! ある日、藤代の実家から一本の電話がかかる。問答無用で帰省せよとの命令に実家へ戻った藤代を待っていたのは、本人抜きで進められた見合いの席……!?暴力編集者とヘタレ漫画家の10年越しの想いを描いた「そして続きがあるのなら」、待望の続編登場!! 描き下ろし満載でファン必見の一冊☆

デリヘルの雇われ店長の受難?を描いた「アナログ」「オデンワイッポン」も同時収録。
前作「そして続きがあるのなら」ですっかり男前筋肉すね毛受けに 目覚めたあたしなのです(はーと

今回もカバーもさわやかな夏の時間を過ごしているふたりも素敵でしたし

カバーしたのコラボ漫画も面白かったし

ペーパーも堪能しました!

筋肉すね毛受けというジャンルがあるのならばこの作品を押したいと思います(笑)

ということで内容ですが

今回は薄々語られていた藤代の実家が絡んできました。

裕福な家庭・幸せを絵に描いたようなそのなかに

自分の幸福を見出せなかった藤代の孤独が垣間見えます。

問答無用で帰省を言い渡された藤代にお見合いを言い渡されます。

お見合いの席で自分には男の恋人がいて、そのひとがいるからお見合いはできないと言い切る藤代

自分自身の存在価値すら見てもらえなかった藤代ですのでその結果どうなるか

一番よく知っていたでしょうに

先輩である坂口とともに暮らす幸福を守るために甘んじて親からの勘当を受けてしまうのです。

もともと認めてもらったことなどないのだけれど

今回のことでいなかった息子という存在になってしまう・・

けれどそれよりも大事なものを守りたかった藤代の気持ちがよいのです。

そして坂口もそんな藤代の気持ちをおもいやって、自分も家族に告白します。

藤代にとっては坂口まで家族を縁をきるような不幸を味あわせたくない

でも家族を取るということは自分とのことがおわるわけで・・・

坂口のじいさんのひとことで二人の仲は認められましたけど

お互いがお互いを思いやるそういう気持ちがとても素敵な漫画なのでした。


内容的には乙女攻めがいつも見当はずれなとこで落ち込んじゃって

変な方向に思考が飛んでいっちゃて

男前・筋肉・すね毛受けがちゃんとわかっていて甘やかして遊んでいるのです。

そういうパターンだとわかっているんですけど

次も読みたいと思わされる作品でした。



拍手[4回]

7458a8f5.jpg
 ←クリックしてくださったら
  大きくなります
   たぶん・・















27bd154d.jpg


















PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People