忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜の乱入者 (椹野道流)

夜の乱入者 (リンクスロマンス) (単行本)
椹野道流 (著)
琥狗ハヤテ(イラスト)

 


(内容)
トラウマから他人と接することに怯える小説家の斎藤和は、ある夏の日、暑さにへばっていた黒猫を介抱した。以来通ってくるその猫・クロスケとのささやかな交流に安らぎを覚える和の前に、突如、猫耳尻尾付きの全裸男が現れる。自らをクロスケだと主張する彼は猫神様で、恩返しにきたという。仰天したまま押し倒され、気持ちいい恩返しをされてしまった和。ずっと傍にいると約束してくれたクロスケの温もりに包まれ、固く閉ざしていた心が癒されていき…。




「作る少年、食う男 」を読んで以来この方のファンタジーワールドに惹かれております。

これは雑誌リンクスでSSとして載ったお話なんですが、

お話が短くてもとってもおもしろくて魅力的だったということで

雑誌リンクスで前後編で載った作品が早くも新書として登場というわけです。


あとがきによると、作者さまが打ち合わせの電話でネコ耳が好きかを語る
                ↓
         
         次週の特集のお題が「獣」なのでネコミミ短編を書く
         かいといわれる
                ↓
              勿論書く
                ↓
          無駄にキャラがたってしまった
                ↓
            長編にしてみようか
     
というタナボタの典型例だそうですが、

あの短いお話でここまで印象に残るキャラをかけるというのもすごい才能だと思うんですけど~


帯には「まいど、猫です。」というインパクトがあるんだかないんだかの一文が書かれていますが

この猫・・神様なんですけど立派な関西弁をしゃべりはるんです(笑)

主人公の斎藤和も他の方々もしゃべる言葉は関東弁というか

標準語なんですけど、やたら濃い関西弁でまくしたててきます。

何回も生まれ変わってきたら動物は神様になるんですが、この猫は神様になりはじめで

その力をうまく使うことができずにへばっていたのである家で一休みを・・・

その家にはほとんど・・・というかまったく外に出ずに引きこもって暮らしている小説家がいて

介抱というか餌をくれるのでした。

夜になって人間の姿になれたネコのクロスケがまずしたことは・・・

小説家和をごー〇んしちゃったんです・・・

恩返しがこれですか・・・・・・

まぁファンタジーですからこれでいいのかも・・・(何かが違うw?)




拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People