忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シンプリー・レッド (水壬 楓子)

童話のファンタジーは好きなんですけどー

BLのファンタジーはちょっと苦手でした

いえ、いまも、水壬さん以外の方のファンタジーで読んだことがあるのが

吉田さんの「神官シリーズ」だけと思います

なぜか・・・w?

たぶん、英語が苦手なので、そのわかりにくい名前が記憶に残らないのかも・・・

鳥頭には複雑な名前はやめてくださいとお願いしたい(笑)





シンプリー・レッド (キャラ文庫 み 2-4) (文庫)
水壬 楓子 (著)
汞りょう (イラスト)


(内容)

死神の育てた吸血鬼は、満月の夜に官能の熱に支配される――

死を司る死神と、永遠の生を生む吸血鬼とは天敵同士。
ところが、怜悧な美貌の死神・碧は、気まぐれに吸血鬼の子供を拾って育てることに。
やがて、身長も体重も遥かに碧を追い越した真冬は、満月の夜、血を求めて甘えるように唇を寄せてくる。
碧は血を吸われるたび、首筋に真冬の抑えきれない欲情を感じて!?
人間界に密やかに棲まう闇の眷属たちのラブ・ファンタジー


母親に見捨てられた小さな男の子実は吸血鬼で、

気まぐれに声をかけてくれた死神にここぞとばかりにしがみついて生きることを欲している

その生きることに必死さに母性w?のようなものを感じて気まぐれに拾って育てていくことになるのです

子供のぬくもりとか、温かさに触れたことあるかたならわかるでしょうが

あの熱いに近いような子供の皮膚感覚ってほんとうに心地よいのですよね

不本意ながら拾って帰ってきてしまう気持ちわかります(笑)

大きくなって、モデルとして独り立ちをもしその成長が嬉しいような

悲しいような気持に陥る死神の碧でした

やがて、吸血鬼の子供である 真冬 を中心として事件が起きてきます

まぁうまく解決できて、らぶらぶになってこれからーが楽しみとでもいいましょうか

でも・・・ファンタジーってやっぱり、あまり・・・

体質に合わないかも・・(笑)




拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People