忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蛇恋の禊(沙野 風結子)

以前ラビズさんより出版されておりました「蛇淫の血」の続編です

何で別レーベル??と思いましたが

好きな本だったので、続編を読むことができるということはうれしいことです

イラストも元のままの奈良さんですし、文庫と違って内容もボリュームアップとなればうれしいことです

あとー欲を言えば

「蛇淫の血」のリンクスさんで出していただければ、本棚できちんと並んで美しのでいいとおもうのです

(と、本棚に入りきらずに、床に平積みをしているあたしがいってみる・・・・・)

後日談を書いたら、

この本「蛇恋の禊」とのつながりが悪くなるようでしたら

オヤジ蛇の過去の恋の話でもいいしー

折原と八十島とのこれから始める恋でもいいしー

パラレル本でもいいので,

書き下ろしをつけて書いていただくというのはどうでしょうか?

できたら、らぶらぶの私生活を・・・(笑)







蛇恋の禊 (リンクスロマンス) (単行本)
沙野 風結子 (著)
奈良千春(イラスト)


(内容)



平凡な大学生ながら不可抗力によって岐柳組次期組長に据えられた円城凪斗。常に傍に控えている、恋人で補佐でもある角能堯秋に支えられ、戸惑いながらもその重圧に耐えていた。だが、代目襲名を控えたある日、敵対組織に襲撃された凪斗を庇い角能が負傷してしまう。いつか、自分の為に命を落としてしまうと恐れた凪斗は次第に角能と距離を取るようになる。心身共に結びついていた二人の亀裂は広がるまま、岐柳組は抗争に巻き込まれていき―。


作者さまのサブタイトルは「恋する子蛇、脱皮の時期」らしいです

命がけの脱皮を果たそうとあがきながら、何もかも守ろうと懸命に頑張る姿が痛々しく感じながらでも、うらやましいいです

角能に恋をして、自分のままでない何かになることを期待され

やがて自分に隠されたもう一人の自分の存在に悩まされながら

やがて、溶け合い本来の自分となっていくのですが

これもまた、心を支えてくれる存在があればこそ耐えうることができたのではないかと思うのです

溶け合う前に、迷ったままの自分すら放棄しようとして

霧の中にたたずんでいた凪斗を見かねて、

先代の親蛇に直訴する角能の言葉が心に響きました

「俺が責任を持って面倒みます」

言われてみたい(笑)


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People