忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

春に孵る( 国枝 彩香)


春に孵る (バンブーコミックス 麗人セレクション) [コミック]
 国枝 彩香 (著)

 

(あらすじ)
 
物心がつく前に両親を事故で亡くし、厳格な父方の祖父母のもとで育てられた佳苗は祖父母の体調がすぐれないため、その春を父方の叔父・輔(たすく)と初めて会う母の弟・閑也(しずや)と3人で過ごすことになった。人里離れた森の中の一軒家で過ごす夢のような日々…

しかしそれは、その後に訪れる或る出来事の序章に過ぎなかった…。
 
血の業と輪廻について描いた表題作他、それぞれの物語が独自の世界観で読者を魅了する全6作品を収録。著者渾身の最新作品集!!
表題作を雑誌「麗人」で読んだときは これはレデース漫画??

と思ったくらい「業」の深いお話でした。

愛さずにはいられないという人間の業の怖さをしみじみと実感できました。


幼い少女は厳格な父方の祖父母のもとに育っておりました。

祖父母は父のことは語ってくれても母のことは禁忌のごとく沈黙で返されるばかりで

そのことに不安な感情はもっていても不満などはなく・・・

けれど、その年の春に祖父が入院し祖母が付き添うために

年に何度かあう陽気なおじに預けられ

一生涯忘れることのできない春に出会うのです。

国枝さんのあとがきに書かれているとおり陽気な仮面をもったほがらかな悪い攻めと

見るからに病んでいる受けの青年との恋

そしてそれらにまつわる様々な真実を幼い少女視点で描かれており

人間の業についてちょっと考えさせられる一話になっておりました。


拍手[3回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People