忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪態は腕の中でふたたび(富士山 ひょうた)




悪態は腕の中でふたたび (ビーボーイコミックス) (コミック)
富士山 ひょうた (著)

(内容)

営業マン・夏目は年下の大学生・冬時から熱烈に迫られ、口説かれ、ついには絆され、現在お付き合い中v 地方への長期出張でしばらくHはおあずけ…ということで冬時から「口でして」とお願いされた夏目ですが? さらに冬時のカコに関わる男も現れて…!? 大人気年下攻ラブv 描き下ろしも収録!



「悪態は吐息とまざりあう」が2003年

コミックスとなったのが2005年

そしていまようやく続編がでましたが・・・・

悲しいことに内容のほとんどはうすーい記憶のかなたに飛んで行っておりますので

内容があまり思い出せないまま読みました(笑)

拉致・・じゃないんだけど騙して部屋にあがりこんで

監禁・拘束してあつかましくも『好きになって!』とお願いする攻め

それに対して強固な壁を築きあげていながらも

なんとなくほだされて、いつのまにか関係をもっちゃっていた

という記憶がありましたけど

いつのまに懇願されたら上にのっかっちゃうくらいの関係になったんですか!!

富士山さんには珍しい癖のある攻めがよくて

なんとなくついつい買っちゃうシリーズなんですけど

短編集で一冊のコミックスを作っているせいか

広げたエピソードをきちんとおさめきれないまま

という印象があります。

今回は攻めの過去が明らかになってなぜ女性の体液というか

匂いがだめなのかわかります。

7年前きれいなおかあさんに横恋慕していた父親の部下に監禁されます

攻めの安全のために体をはって、息子の前で強姦されちゃう母

心はなじまなくても、体は喜びを感じてしまうのです。

その母の体液をなすりつけられたことで女性に対して嫌悪感

というか不快感を感じてしまう過去が明らかになるのです

たったひとりの変質者の行動がこんなにも心にも体にも疵をつけてしまう

そのリアリテイが怖かったです。


でも、受けであるサラリーマンの夏目は強いですよ♪

その変質者に殴りかかっていき

七年前のことに固執する犯人に

「それをネタに一生マスをかいていろ」と言いきりましたからね

その強さというか、たくましさこそが

冬時に魅かれさせたものなのかもしれないなぁと思いました

最後にあれだけ自宅マンションのカギを渡すことを拒んでいた夏目でしたけど

もう最後は鍵を持っていろとあきらめたかのように言い渡すのです(笑)

冬時の粘り勝ちか・・・

はたまた夏目のあきらめか・・・(笑)

どっちなんでしょうねぇ(笑)



拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People