忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

遊覧船 (藤 たまき)



遊覧船 (ディアプラスコミックス) (コミック)
藤 たまき (著)


(内容)

遊覧船乗り場の売店でバイトをする日和は、物書きの間宮のことが気になっていた。間宮は何故か大変気前がよく、日和に事あるごとに高額な駄賃をくれる。それはふたりが初めて寝た日もそうだった。日和は激怒するが、実は間宮はお金でしか愛を得る術を知らない人で……。表題シリーズ四篇を収録。日和と間宮のプレシャス・デイズ!



あちこちのブログで好評を博しておりましたので

買う気はなかったのですが、いつの間にかレジに持っていっておりました(笑)

初読みの作家さんでしたが繊細でかわいい絵で

お話もおもしろかったです

船乗りとなる学校に通っていた日和ですが、体調が思わしくないため

自宅で休暇をとりつつも遊覧船乗り場の売店でバイトをしておりました

そういう平和な日々の中でいつも買い物に来るお客さんでもある

間宮に心惹かれていきます

この間宮という作家なのですが、裕福でなに不自由ない生活を送っているのですけど

人間としてはどこかおかしな価値観を持っていて

自分には何もないからお金で愛を得たいと思っているのです

そういう歪んだ価値観が日和と出会い恋を積み重ねながら

すこーしづつ変わっていく過程がゆっくり丁寧に描かれております



日和も間宮にであってすこーしづつたくましく成長していってますが

間宮も日和に出会いかかわることで、人間として成長を遂げ変化していくのです

ちょい不器用で

でもやさしい人たちのお話で

読後感はすごくよかったっです




拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People