忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しもべと犬 (玄上 八絹 )

 


しもべと犬 (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
玄上 八絹 (著)
竹美家らら(イラスト)


(内容)

警視庁の非公式な部署に属する刑事・奥村智重は、人間の細胞から作られた人型の「犬」と呼ばれる生命体・石凪信乃を与えられ、組むことに。自らが傷つけられることなどものともせず、危険の中に飛び込む信乃。「主人」である智重を恋い慕う信乃に、智重は冷たい。時には身体を繋ぎながらも、信乃は智重との距離に心を痛めているのだが…。
ルチルオリジナルSSカードプレゼントフェアで、
 
お目当てのSSをいただこうと思ったら ルチルの本を買わなきゃいけなくて

でも、ここで問題が(笑)!!

お目当ての本とか、作家さんの本というのはたいがい購入済みなんですよね~

↑辛抱がきかない性格なんで・・・・

うーんと悩んだ末、以前から気にはなっていたんですけど
 
購入する気持ちまではなかったこの本と

スピンオフの「「荊姫は犬の夢を見るか」を購入しました。

もう出版社の手のひらで遊ばれまくっていることははっきりと自覚はしているんですが・・・
 
なにもかも読んでみたいというコレクター気質とでもいいましょうか

この貪欲さがなくならない限りどうしようもないと思います。
 

警視庁の非公式的な部署に属する刑事・奥村智重(攻め)×人間の細胞から作られた人型の「犬」石凪信乃

ぶっちゃけ思いがけなくおもしろかったです。

なんで今までよまなかったのあたしの馬鹿!
 
という気持ちもできた本でした(笑)

人間の形をしているとはいえ、

根本的なものは犬ですから

すごくご主人さまを愛しているこの信乃がほんとうに可愛くて愛おしいです。
 
どこまでも御主人である智重に懐いて、信頼し愛してはいるのですが
 
智重は信乃を抱きもし、生活は共にするのですが

信乃に対していつも厚い壁を隔ててけっして心の中にはいれてくれません。

ともに生きているのに、遠い智重を想う信乃の気持ちがせつなくてとてもよかったです



拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

私もまだ読んでおりません(笑)

こんばんは!

私もこの作品家にはあるんです。
しかも30ページぐらい読んで放置中・・・苦笑

確か読んでる最中に、レポートに追われてしまって、そのままです。早半年ぐらい(笑)

面白いと聞いちゃあ読まねばなりませんな!

貴重な感想ありがとうございます(笑)

無題

>30ページぐらい読んで放置中
導入部分ちょっとお話がもたついているというか
わかりずらいところがあるので放置した気持ちはよくわかります(笑)

でも、これを越えたらけっこう面白いのでございました~
あたしの感想で読んでもらえたのならうれしいです(笑)

コメントありがとうございました<(_ _)>

トラックバック

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People