忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

茅島氏の優雅な生活〈3〉 (遠野 春日)




茅島氏の優雅な生活〈3〉 (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
遠野 春日 (著)
日高ショーコ(イラスト)

(内容)

風変わりな資産家・茅島氏とお抱え庭師の青年は秘密の恋人同士。夏休み、祖母の七回忌のため帰省する庭師にこっそりついてきてしまった茅島氏。庭師はやむを得ず実家に茅島氏を泊めることにしたが、今はまだ自分達の関係を家族に打ち明ける時期ではないと考える。しかし妹の倫子だけは何かを感じたようで。



表紙を三巻とおして並べてみました。

一巻ではやや緊張した面持ちで口づけをうける茅島氏

二巻は自分の腕の中にいる茅島氏を愛情の瞳で見つめる庭師のかれ

そして今回の三巻はお互いのゆるぎない愛情をきちんと実感して抱き合いワルツを踊るふたり

もうねぇ何も言うことがございません(笑)

リーフ版で何回も読んだのではございますが、

日高さんの綺麗でエロい挿絵がより萌えを高めてくださいます。


「彼と浴衣と線香花火」

恋が成就してはじめて彼が里帰りすることになり、かすかな不安とさみしさをかみしめる茅島氏

田舎の空港に彼が降り立ってみると迎えにきた義理の弟の近くに優雅に立っている茅島氏が・・・

荷物も何もなく、ただ自分の思い付きだけで飛行機に乗ってきた茅島氏

可愛い愛情ゆえの行動でしたが

想いき付つだけで行動しちゃった茅島氏にむかっ腹を立ててほっぺをたたいちゃうんですよねー

自分の感情にまかせて飛行機に飛び乗っちゃう大人も大人ですけど

空港で平手で殴っちゃう行動も大人げないんですけどね(笑)

いまだ家族にはカミングアウトしようとは考えていなかった庭師の彼は

偶然出会ったからと自宅でともに休暇をすごすように・・・

両親にはともかく、妹にはそれとなくばれたようですが

お互いがなにごともなくただ自然にだまっているということに決めたようです。

実家でもふたりの時間を堪能できたようでした(笑)



「すれ違い」


茅島氏の行動がおかしい・・・

彼に向ってなんとなくよそよそしい

これで終わりなんだろうかと考える庭師の彼

思っていたより茅島氏に執着し愛していたことに気がつく。

まぁじっさいは彼に飽きられたりしないように自分の時間をつくろうとで歩いていただけなんですけどね(笑)

ある程度の嫉妬は愛のいいスパイスなんだということで


「おともだち」

庭師の彼と付き合い始めて一年くらいでしょうか

彼の気持ちがつかめない、愛されていないというう不安を訴える茅島氏

聖司は庭師の彼に怒りを感じる

そのとき、突然部屋の電気が消されまっくらになるのですけどー

そう、電気が消えているというシグナルは・・・彼の出現なんですよね(笑)

「俺が不誠実な男かどうかあなた自身が確かめろ」という男のきっぱりとしたせりふが素敵でした

そしてなんといっても、

聖司に見られていることをわかっていながら彼に抱かれてかすかに赤らんで

体も心も彼に許しているのだから何をされてもいいとばかり胸を反らせて彼を抱きしめる

茅島氏の姿がほんとうにえろくて素敵でしたー





この小説の最後に付き合って三年になって落ち着きを見せるふたりの姿があって

ほんとうに幸福な気持ちにさせてくれました。

三巻を読むのがほんとうに残念というか、まだまだ続いてほしいという気持ちでいっぱいなんです。

麻々原さんのコミカライズされた作品も評判がよかったようで

一巻で終わるはずの作品でしたが二巻・三巻と続くようです。

日高さんとはまた違う彼女の世界の茅島氏もたのしみでなりません。

この作品のよさを語ってくれたりこさんにお礼を言いたいですー♪

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

こんにちは~。

「夢のつづき」読まれましたか??
誠司さんのお話。。。。。
あまりにも彼が儚い印象なので
怖くて読めません。
っていうか、買えてません。気になるんですけどね(苦笑)

じつは~

コメントお返事遅くなりまして申し訳ないです<(_ _)>

「夢のつづき」は旧版ももっているし、このたびの新装版も買いました。
誠司さんのお話は・・儚いというか
運命に翻弄されて流されているようで
ちゃんと地に足がついた幸福を手に入れている・・という印象がありますよー
まぁあたしのあくまで感想というか、感触ですけどね(笑)
書きおろしがついてて茅島さんと誠司さんにラブラブの恋人がいてるので安心して買って読んでくださいね~

コメントありがとうございました♪

さすがです。

新装版、お持ちなのですね。
「夢のつづき」を読めば私の誠司さんへのイメージが良い方に変わるかも・・・。
Lianhaさんの“安心して・・・”と言う言葉に背中を押されました。
ありがとうございました。

できたら挿絵は・・

茅島さんのシリーズで聖司さんを妄想しておりましたので
できたら文庫化に当たり挿絵は日高さんで・・・と希望しておりました。
それがちょっと残念なのですが
聖司さんは流されていくようでいて流されない強さをもって
長年恋焦がれてきたひとと幸せになっておりますので
安心してくださいね。

背中の押し具合(自分の中での許容範囲がBL脳なので・・・)ちょっと不安なあたしです(笑)

コメントありがとうございました♪

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People