忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青年漫画家の恋(藤崎 都)

青年漫画家の恋 (角川ルビー文庫) (文庫)
藤崎 都 (著)
陸裕 千景子 (イラスト)




(あらすじ)
超売れっ子青年漫画家・加賀隆也のアシスタントを務めながら漫画家を目指す大学生の柚原七紀の目下の悩みは「男にばかり襲われる」魔性の体質。今日も臨時のアシスタントに襲われかけたところを加賀に助けられた七紀だが、苛立った加賀に「誰かにいつか食われるくらいなら俺が先に食ってやる」と押し倒されてしまう。うっかり流されてしまった自分に混乱する七紀。ところが、加賀の受賞した漫画賞の授賞式で、自分のせいで加賀に悪い噂が立っていることを知り…!?野蛮な漫画家×魔性のアシスタントのドキドキ業界ラブ登場。




陸裕 千景子さんのイラスト買い(笑)

きれいで繊細で見ていて心地よいイラストだと思います。

ただ、青年漫画家とそのアシスタントの人にしては眉目秀麗←偏見?
すぎるような気がします(笑)

魔性の受けという設定なのできれいでもいいんですけど

お話自体はルビー文庫のテンプレというか

藤崎さんらしい、先が先に見えちゃうお話ですので

安心して読めると言えば安心して読めるのですけど

設定を生かし切れていないお話だったのがちょっと残念な感じです。

今時点でいえば、細切れにしか読めない時がおおいので

しばらくして読んでも、お話に入りやすいのでありがたいですけどね(笑)


拍手[3回]

PR

好きだなんて聞いてない (鳩村衣杏)

好きだなんて聞いてない (ビーボーイノベルズ) (単行本)
 鳩村 衣杏 (著)
大和名瀬(イラスト)

(内容)

「いやらしいことされて、感じたの?」俺様だけど頼れる上司として慕われる利臣。ある日、後輩で美形の幼馴染み・夏貴から男に片想い中だと告白される。激しくショックを受けた利臣は、勢いで、自分の身体を使って練習しろと言ってしまい!?躊躇いながらも利臣を乱していく、夏貴の熱い唇と淫戯。しかも夜の彼はキチクで意地悪で…関係を続けながらも誰かの代わりでしかない事が利臣は段々切なくなり…?不器用なオトナの、駆け引きと烈愛。


「秘書の嗜み」のスピンオフ作品みたいです。
 
読んだ記憶はあるんですが・・内容はいま一つ覚えておりません。

前作とはカップルも違いますので覚えていなくてもokでした(笑)

先輩でもあリ、幼馴染でもある利臣は一見は口が悪く俺様で強引な暴君のようですが

その内実は世話焼きというか頼れる上司という人となりなのです。

ある日、後輩でもある美形で仕事もよくできる夏貴から男に片思いをしているんですと告白され

激しくショックを受けてしまうのです。

つい?勢いで「自分の体を使って練習しろ」などと口に出しちゃうくらい動揺も激しいようで・・・

可愛い幼馴染の後輩が実は夜になったらまるで豹変しちゃって

エッチで鬼畜で意地悪な男になっちゃうことにも動揺を隠せない利臣でした・・・

体の関係が深まっていくにつれ、欲望に心救わされそうになっちゃうんですけどー

やがて、可愛いと思っていた夏貴の裏の顔をしり・・・・


鬼畜なエロ魔人の後輩×体から堕とされていく先輩・・・

まぁ先のストーリーはあからさまにわかりやすかったですけど

楽しく読める一冊でした。

惜しむらくは大和先生の挿絵なんですけど・・・

筋肉も骨格もしっかりとしてきれいなんですけど

なんかいつもと違うなと見ていたら、エッチのときに恥じらってあからんでいるような感じがないんです・・・

大人の男たちの恋だからでしょうか?

可愛い絵も心のどこかで期待していたようで

それがちょっと残念です。


拍手[0回]

ポルノグラフィック(バーバラ片桐)



ポルノグラフィック (リンクスロマンス) (新書)
バーバラ片桐 (著)
高座 朗 (イラスト)

(内容)

「金をとるか、プライドをとるか」多額の借金返済のため、AV監督をしている萩原は、プライドを捨て、即金になるゲイビデオに出演することに。相手は、萩原に一目ぼれしたという端整な顔立ちの大学生・緒方。本番なしの擬似セックスのはずが、勘違いした緒方に激しく抱かれ、萩原は初めて感じる強烈な快楽に身悶えてしまう。撮影後も、何かと訪ねてきては萩原に食事をおごる緒方との関係は続いて…。



日参させていただいているブログでおもしろいとの評価を得ていましたので

とりあえず買ってみることに




大学生緒方 × AV監督 萩原

ポルノビデオに出演して、憧れのポルノ女優とエッチができるという応募に

参加するつもりの大学生の付き添いというバイトに参加してみた緒方

大勢の前で勃起させちゃわなきゃダメということで件の大学生は出演をあきらめるのですが

その作品を撮る予定の監督 萩原に一目ぼれしちゃうんですよね。

偶然萩原が金のためにゲイビデオに出演することを聞いた緒方は

萩原の相手ができるならと率先してゲイビデオに出演することに


ゲイビデオで本番なしの擬似セックスのはずが、

勘違いした緒方に激しく抱かれ、萩原は初めて感じる強烈な快楽に身悶えてしまう。

まあ。新たな世界を開いちゃったんですね(笑)

それからは忙しい萩原の心をつかむために緒方のいじましいほど努力しちゃうんですよ。


あたしてきにはぶっとんだ設定だと思いましたが

中身はふたりの大人の男たちが一目ぼれで恋して体の相性もよかったという

なかなか幸運なお話でした。




拍手[0回]

焦燥 (藤代 葎)

焦燥 (SHY NOVELS 226) (新書)
 藤代 葎 (著)
麻生 ミツ晃 (イラスト)

 



(内容) 「どれほどこの身体が欲しかったか」臨床心理士の東宮紘柾にはひどく苦手な男がいる。無神経でデリカシーのない四谷署の刑事・住吉だ。かつて過ちから一夜を共にした東宮だったが、住吉の節操のなさを知ってからは、関係を絶っていた。ところが、ある事件の被害者が東宮のカウンセリングを受けていたことから、再び顔を合わせるようになる。今度はもう逃がさない。強引に迫ってくる住吉を冷たくあしらう東宮だったが!?



作者さまのあとがきで「楽しくかけた」とありましたとおり

楽しいというか、わくわくした感じのまま最後まで読み進めてしまいました。

臨床心理士の東宮紘柾の一夜の関係を結んだけの男住吉に対する焦燥感

クライアントである少女の自閉的でやや発達障害児の傾向をもつ雰囲気というか純粋さに

好ましさを感じていながらも

周囲も彼女の母も彼女の他の人並みになってもらいたいという焦燥感のどちらも理解できすぎる

ゆえにどこか苦しい関係



一回だけカウンセラーをうけただけで連絡のとれない青年が殺されて
 
その青年の兄と名乗るそっくりの青年に対する違和感

刑事であり、東宮の想い人である住吉に対してどうしても相容れない部分というか

嫌な奴と認識してしてしまった自分の心の揺れなどなどが複雑にお話の筋にうまく絡んでいて

読み進めてしまうのがもったいない感じが残りました。


双子の青年の心の闇や、住吉に対して思う気持ちとか、少女に対してなにが正しいかなどと

簡単に語れない人間というものをちょっと考えてしまいましたね・・・


人の心の闇の部分とスリルとサスペンスを楽しみたい方いかがでしょうか?


拍手[0回]

スイート・セプテンバー (藤代 葎)




スイート・セプテンバー (SHYノベルス) (新書)
藤代 葎 (著)
水名瀬 雅良 (イラスト)

(内容)

「俺、ここにいてもいいですか?」誰も自分を知らないところでやり直したい、そう願った御崎夏南は、幼い頃に一度だけ訪れたことのある海辺の町に降りた。そこで気難しいうえに偏屈なカメラマン、橋場洸陽のコテージに住み込みで、家事雑用の仕事をすることになる。過去から逃げてきた夏南。怪我によりカメラマンとしてのキャリアと同時に希望も失った橋場。傷ついたふたりの出逢いは、やがて新たな希望をもたらすのだが…!?海辺の町で生まれた愛と再生のラブ・ストーリー。



一年前のj庭の帰りに読みこんだ記憶がありまして

たしか、デビュー作で挿絵が奈良さん

今回は水名瀬 雅良さんということはけっこう期待の新人さんではないかと思われます。

文章も上手で上手にまとめられておりましたが

今回はあっさりーとした感があります。

内容的にそういうのを狙っているのかもしれませんが、十分次作というか

三作目が期待される作家さんだなと思われました。




家庭でゲイであることを疑われ否定されぼろぼろに傷ついた少年夏南

唯一の味方というか自分を守ってくれる存在であると信じていた人物が

実はとんでもないやつで・・・

なにもかもから逃げ去って新しくやり直そうとするために

昔一度だけ訪ずれたことがある街にやってきて、

そこで知り合った海辺のカフェのマスターの紹介で

雇い主である元カメラマンの橋場洸陽の家政婦として働く

お互いの心の傷をなめ合うことではなく

互いが互いにとってかけがえのない存在となっていく過程はほんとうに読んでいて楽しく心弾ませてもらえました

けれど幸せな長くは続かず・・・・

海辺の町に信頼していた過去の人物が訪れるのです・・・・



ぶっちゃけていえば・・・

あんまり印象に残るお話ではないんです

お話もBLのテンプレ道理に進んでいきますしね。

挿絵効果があるせいか妙にさっぱりとした印象がいなめません。

でも、ドロドロしたものを読みたくないときはいいかもとお勧めで(笑)


拍手[0回]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People