忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そして、裏切りの夜が始まる ( いとう由貴)

いとう 由貴さんは、あたしにとって安心してw?泣ける作家さんであります

一読した時は・・

あんまりいつもとイメージが違うので、驚きました

いとうさんなんかリニューアル決心したのですかと

別の意味で泣きたい気分でした・・・

でも、いったん熟成させて、

放置のあと余裕とゆとりと読む側の気分がかわればまた違うんですよね

実はこういうことよくあります(笑)





そして、裏切りの夜が始まる (SHY NOVELS 204) (新書)
いとう 由貴 (著)
佐々木 久美子 (イラスト)

(内容)

千坂翔はたったひとりの家族である弟・俊樹を病院に見舞った帰りに、あるニュースを耳にする。
資産家として知られる幣原家のひとり息子が、交通事故で亡くなったというものだ。
幣原家の当主は俊樹の実の父親だ。
自分と俊樹はよく似ている・・・
弟を守るためにはこの方法しかない。そう思った翔は俊樹のふりをして幣原家を訪ねるのだが、
そこで運命を狂わせる男と出会い!?


ある意味、いとうさん得意の一途な子供であるとおもいます

弟の入院の費用をまかなうために、弟の命をまもるためにわが身を犠牲にして

弟になり変って息子のふりをしてそのお金を得ようとがんばります

 

その気持ちを逆手に取られ、実の父の腹違いの弟でもある信威に利用され

体を蹂躙されてしまいます

ここまでひどいことをしている男なんですが、なんか愛を感じるのです

お互いに正妻から生まれた存在でないということ

実の父親に愛されなかったということ

才気がなければおそらく飼殺しにされていただろうという

共通の哀しみを知っている者同士の共感でも言うのでしょうね




でも受け君はおかーさんに十分に愛されていたし

弟とも家族というものを十分に形作っていたので

精神的には翔くんのが母親に近いような感じで信威を守っていく感じです


弟を思うあまりに、弟と母の夢を見て不安になった翔が病院に行って

弟を見舞い、愛を持っていることにやきもちを妬いて事をいたしちゃうんですが

まぁそれも、愛を知らなかった子供だからと故と赦しちゃいましょう(笑)




次第に二人でなんか生活というもか、家族に形作っていきます

人に愛されるということ、

愛するということが本当に大事と思わされる一作でした



拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People