忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋の誘惑、愛の蜜 ( いとう由貴)





恋の誘惑、愛の蜜 (CROSS NOVELS) (単行本)
いとう 由貴 (著)
緒田涼歌(イラスト)


(内容)

身体を重ねたら、もう親友とは言えない。

その手に、その髪に――触れる者すべてに嫉妬する
親友の貴之と関係して二ヶ月。どんなに濃密な夜を過ごしても、知也は素直になれなかった。ベタベタせず、常にそっけなく。それは、高校時代から貴之を見続けてきた知也だけが知っている、嫌われない為のルール。身体を繋げたことで貴之は知也に親友以上の感情を持ち、ずっと好きだった彼に抱かれた知也は自分に臆病になっていた。貴之の激しい執着を嬉しいと思う反面、己の醜い独占欲を知られることを恐れた知也は別離を決意するが!?



煽り文章と作者がいとうさんということで、ハンカチ握りしめなきゃと

勢い込んで読んでいました。

涙は出ましたが・・・・

笑いすぎの涙でした(笑)

いえいえ、内容というか、主題はあくまでも肉体関係を持っているけど片思い

切ない恋の心のすれちがいです。

でも~

そのすれちがいぶりに涙するよりも、

攻めのあんまりな攻撃に笑ってしまったのはあたしだけではありますまい(笑)



貴之ははっきりとした甘い顔立ち、それに似合いの栗色の髪

女の子にもてもてで、でもすぐにいやな面を見てしまうと飽きて別れてしまう。

でも、さみしがり屋で甘えん坊だからこの男を突き放すことができない和也


友達だからという呪縛で自分で自分を縛りつけていたのに

ある日ひょんなことが原因で肉体関係を持ってしまう

それでも、過去の女の子のように貴之に嫌われたくはない

嫌われないためにルール・・・

体をつなげたことで貴之にべたべたしない、常にそっけなく。


まぁありていにいえばお互いが長い友人関係という土台に甘えることなく

きちんと告白して始めればよかったんでしょうが

こういう風にぐるぐる悩む受けくんは個人的に嫌いではないというか

ほんというと大好物です(笑)


とんきわ部分は。。。

最後にお互いを縛りつけ合うためにある行為をしちゃうんですが

まぁ若さゆえの暴走ということで楽しんでください。



拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People