忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シュガーギルド (一穂 ミチ)

シュガーギルド (ディアプラス文庫) [文庫]
一穂 ミチ (著), 小椋 ムク (イラスト)

シュガーギルド (ディアプラス文庫)


(あらすじ)

八年のイギリス駐在を経て日本に戻って来た達生(たつお)は、帰国したその足でオフィスに向かい、
海外赴任中に入社したり異動してきた社員たちと初めて顔を合わせることに。
しかし、達生の存在に気づいていないのか、ひとり黙々と仕事を続ける男がいた。
その男――和(なぎ)は、渡英直前に旅先で一夜を共にし、置き去りにしてきた相手だった……。

白くて、四角くて――砂糖みたいにとびきり甘いきみ。
大人のためのビタースウィート・ロマンス。


ディアプラスの一穂さんとはあまり相性がよくないというか

雪よ林檎の香のごとく」が良すぎたせいか

後から出た作品は、今一歩でしょうかという感じが抜けなかったのだけど

これは文句なくよかった。


大人の男と大学生のとの出会いから恋に至りそれが終わる短い時間

終わってしまったというか、

再会の約束もできなかった臆病な大人に子供はたくましく追いかけてきて

ちょっと意地悪な仕返しをしつつも再会できた喜びにあふれているのです(笑)

攻め始点で描かれているので

長年生きてきて、ちょっと社会に慣れてきて周囲にも気を配れる大人の男の余裕が

むんむんしていて

これをされたら初対面の男なら惚れるよねーと思うところも多々ありましたが

いかんせん一夜の恋で次の約束もなく消えてしまった男なので

なかなか受けは陥落してくれません。

ふたりのやりとりもよかった。

受けの気持ちを確信した上で北海道まで追いかけて思い出の海で

受けに「やり逃げ!薄情者!」とののしられるところもいいし

許してもらうまでに再会するまでと同じ期間八年しおらしくしてくれたらと言い募るとこもよかった。

ツンデレ受けにもうちょっと苛められるといいと思ったのは

あたしだけではないと思うのです(笑)

エリートサラリーマンと大学生の再会愛を楽しみたいかたいかがでしょうか?


拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People