忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ただ青くひかる音 (崎谷 はるひ)

ただ青くひかる音 (角川ルビー文庫) (文庫)
崎谷 はるひ (著)
おおや 和美 (イラスト)

(内容)
 
別離と誤解を越え、再び結ばれた藤木と嘉悦。一緒に暮らし始めて幸せな日々のはずだったのに、仕事に追われる二人は寝室も別々。そんなある朝、出勤前の嘉悦はいつになく積極的に藤木を誘い…。一方、大智と瀬里、山下と一葡、和輝と笙惟も、それぞれの関係に少しずつ変化が訪れていることを感じていた。手に入れたはずなのにままならない愛に戸惑いながらも、恋人たちはお互いを激しく求め合い―。大人気『ブルーサウンド』シリーズの恋人たちが織り成す短編集が登場。
 


「目を閉じればいつかの海」のお話が でたのが5年前

それから「手をのばせばはるかな海」 「耳をすませばかすかな海」

「振り返ればかなたの海」「しじまの夜にうかぶ月」とあれよあれよとシリーズものが広がっていき

同人誌に掲載された作品や

全員プレゼントの小冊子とどんどん広がっていく世界を楽しむことができました。

いまや、あの同人誌や小冊子が「まん○だらけ」やヤ○オクで高値になってしまって

楽しい世界がなかなか手に届かない世界になってしまっていたのですが

今回はそれが文庫化されて

あのときに手に入れれていない方、あとからファンになったかたなどにとっては

すごくいい企画になったと思います。

あのとき小冊子も同人誌もすべて手に入れてはおりましたが

まとめて読めるということはあたしにとってもありがたい企画です。


・夏恋KISS-嘉悦×藤木編-

オーナーが西麻布に支店をだしたため、湘南と両方のお店をかけもって店長として働く藤木

あいかわらず精力的に仕事をこなしている嘉悦

統括マネージャとして働く藤木は昼夜逆転傾向で一緒に暮らしていても顔を合わすことはなかなかできない

高校時代に出会い、恋を深めていったふたりだったのだけど

嘉悦の未来に自分はいないほうがいいと藤木は思いこみ

そっと身をひき暮らしていたのだが

運命のいたずらでふたりは再会し、

誤解を乗り越えてやっと平穏な愛情生活を手に入れることができたものの

会話すらままならない生活

やっと手に入れたふたりにふれあいのいちゃいちゃラブラブは濃いですよ~(笑)



・夏恋KISS-大智×瀬里編-


こちらもいろいろあったけれどようやくまとまったカップル

藤木が出て行った部屋のあとに住み始めた瀬里

大地と真雪との3人の楽しい共同生活

忙しい仕事の波もようやく一段落して、朝のお出かけデートを楽しみにしていた瀬里ですが

大地に押し切られて迫られてへろへろになっちゃってデートの予定が・・・

こちらもいちゃいちゃ



・無条件幸福

山下と一葡のデート&いちゃいちゃです



・胸を焦がせばあえかな海

「耳をすませば」は攻めの和輝視点で描かれていたのですが

こちらでは打って変って受けの笙惟視線でなんか新鮮な感じで読んだ記憶があります。

和輝を大人の魅力で振り回していると思っておりましたが

けっこう振り回されていて、そしてそれすらも楽しんでいる様子がありありと伝わってきます

セックスもこのふたりらしく

大人のテクニックと若者の情熱で一風変わったことも楽しんでおります。


あのころ不異議な魅力で和輝を振り回しておりました笙惟ですけど

彼もまた大人故に過去の傷跡もあり、

また若い彼がいちまでもこのまま自分のそばにいないのではないかという不安を持っていたようです。

決して未来を口にしない笙惟

そしてそれに対抗しているかのように未来の約束を口にする和輝


彼をどうやって手に入れておくべきか・・・・

手をはなしたほうが幸福なのか・・・

自分の傷はそのときにどれだけ広がっていくのか・・・

そのときにどうやって心を守ればいいのか・・・


けれど和輝ならそういう不安をもった笙惟ごと守れるような存在に成長していけるというか

あんがい笙惟が育てていくんじゃないかなと期待をもてました。

このカップルはCDの神谷さん効果もあるせいかすごく好きなんです。

できたら続編きぼう~♪






拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

こんばんわ♪

こんばんは、拙宅の待機記事も放出しおわりようやくこちらに入り浸る時間ができました。
時々お邪魔はしてはさっと読み逃げしていたのですが、今日はたっぷりじっくり読ませていただけます。この日をどんなに待っていたか…!
Lianhaさんのお宅訪問時はメモ持参ですから、ワタクシ。

と、盛大に言い訳したところで早速本題コメさせていただきます。


ブルーサウンドシリーズは私の初はるひん作品で私にとっても懐かしいです。といってもたしか3作目の「耳をすませば~」までもう出ていたので、1巻?発行からかなり時間たっていたとは思うんですけども。
Lianhaさんのように1巻から共に歩んできた方だと、きっと想いも格別ですね。
今はかなりはるひん作品から遠ざかってしまいましたが、この短編集はもちろん2冊即買い。この作品に夢中だった頃を思い出して感無量でした。

私は1と3、この表紙の2人とその弟カプが好きです。
湘南、DJ、シーサイドカフェ…、何もかも懐かしいです(笑)

こんばんは♪

>たっぷりじっくり読ませて
いつも娘に感想らしい感想もかけていない無駄ブログと罵られておりますので読むところはほんとうに薄いブログですので読み捨てていただけてもうれしいです(笑)

>私は1と3、この表紙の2人とその弟カプが好きです
神谷さんの声効果もあるのですが、この弟カプの不思議で危うい魅力があたしを離そうとはしないのです(笑)
もちろん表紙カップルの大人たち故の悩みや過去を抱えての深い恋も大好きなのです。
できましたら、この弟カプの今後もちょっと書いてもらいたいのですが
崎谷さんにとって書きやすいカップルでないとのことなので期待薄そうです。
そこは妄想力で補えでしょうか?(笑)

来年は西麻布のシリーズが始まるそうですね~
さてさて、誰が出るのかも楽しみが広がり中です。

コメントありがとうございました。

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People