忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もしも僕が愛ならば (松前 侑里)



もしも僕が愛ならば (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫) (文庫)
松前 侑里 (著)
金 ひかる (イラスト)

(内容)
美邦は勤め先のカフェで気になる親子と出逢う。ゲイだとばれて妻に離婚された慎一と、母に捨てられたショックでしゃべれなくなった瞬。瞬が話せるようになるまで世話をしたいと申し出る美邦だが、慎一の大らかな優しさにどんどん惹かれていってしまう。かつて自分勝手な願いで大切な人が傷つくのを見て以来、恋はしないと誓っていた美邦。そして瞬のために新しい母親を捜そうとする慎一。二人の出した答えは…。





松前侑里さんのルチルとか読んでいてなんか違和感がぬぐえなかったので

もう買うのはやめようかなと考えていたのですが

これは雑誌で読んでいて、松前さんらしさたっぷりだったので購入を(笑)

新たなチャレンジをしてくる作家さんを応援とは思うのですが

いかんせん人間ってわがままだから

自分の萌えをはずした本を読むとがっかりしちゃうんですよね・・・



これは過去自分の義理の兄に恋をした青年美邦が

気になる雰囲気の良いカフェで気になるというか、

自分のアンテナにぴったりとくる親子と出会うことでお話は始まります。

過去の傷ごと受け止めてくれる大きな包容力をもった慎一と

母親に捨てられたショックでしゃべれなくなった瞬の優しさに触れて

二人のためにと頑張りながら、自分も癒されていくのです

この生活は。瞬がしゃべれるようになったら終わる

終わることが苦しくて、でも瞬にはしゃべれるようになってほしい・・

そうした葛藤のあちらこちらにちりばめられるのは

美味しそうなケーキとか、カフェの飲み物とかお料理なんですよね。

食いしん坊なんでそういう料理の表現についやられちゃいます(笑)

ある意味、ハートをつかむならまずは胃袋をでした(笑)


美味しいケーキとカフェの雰囲気と切ない恋心楽しみたい方にお勧め~






拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People