忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋の記憶 (杉原 理生)



恋の記憶 (SHYノベルズ) (新書)
杉原 理生 (著)
山田 ユギ (イラスト)

(内容)


『淋しいだけじゃ、俺はひとを好きにはならないよ』
姉の結婚式の日、理也は数年ぶりに従兄弟の高成と再会した。
高校にあがるまで、ふたりはとても仲のよい従兄弟同士であり、
理也にとって高成といる空間はひどく居心地のいいものだった。
けれど、ふたりの間にはなにか曖昧なものが忍びこみ、いつしか距離をおくようになっていたのだ・・・
結婚式の夜をきっかけに再び一緒の時間を過ごすようになったふたりだが、
曖昧だったなにかが露になってゆき!?




言葉の一つ一つが丹念に描かれている作家さんなのだといつも思います。

前作の「37℃ 」では

宗教的な禁忌に強く縛られていた自分自身に気がついてはいたけれど

この恋を捨てることができなかった大人の恋でしたが

今回はいとこ同士という禁忌に支配されながら

いつか恋は失うものだという気持ちを持ちながら

望むことをやめれなかった大人の恋でした



男女の間でさえいとこ同士の恋というのは

けっこう厄介なものなんではないかと思います。

幼いころからの想いが優しく包まれているだけでは恋はできても

結婚は周囲の思惑とか人間関係がいろいろ絡んできてしまう。

なおかつ男同士とあればその困難度はいったい・・・・


それでも心から望んでいるのなら陰ながら応援をしていきたいと思わせる

カップルたちのお話でした。

相変わらず杉原さんの書かれる攻めクンは忍耐強いです・・・

恋の関係を望んでいないと思うなら従兄のままでいいとさりげなく離れ

人恋しさにやりきれなさを感じていたらさりげなくそばにいて

怖いと感じられるなら優しさだけで包みこもうとしています。

こういう人は放したらいけませんよと受けクンに説教したいのは

あたしだけw?



拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People