忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サミア (須和 雪里)



サミア (CITRUS NOVELS) (シトラスノベルズ) (新書)
須和 雪里 (著)
門地 かおり (イラスト)



(内容)

「好きだよ、私の特別な人・・・・・・」
ごく普通の高校生・友則が出会った謎の美形外国人は、なんと宇宙からやってきたエイリアン。しかも、友則に「殺してくれ」と頼んできて・・・・・・。
困惑しつつも彼に “サミア”と名付けて一緒に暮らすうちに、サミアを好きになってしまう友則だが・・・。
『サミア』『いつか地球が海になる日』『ミルク』ほか、書き下ろし『ミルクの後で』を収録。



この本が実際に出版されたときは

ジュネとか耽美の世界から離れていたので(年齢ばればれ・・・)

この本は初めて読んだのですが、ちまたの評判道理本当にいい作品でした。

この本と出会えたことに感謝で。

内容だけではたんなるトンキワもの・・・

いいえ・・内容とか、設定はいまでもとんきわな作品なんですが

一言で凝縮させるなら

孤独としかいいようがありません

過去の罪により「死ねないこと」がきまった宇宙人サミア

彼の思いはただひとつ

自分を殺してくれる人の存在だけ

何年も何百年も何億年もただ一人生きていかなければならない存在の

自分を救ってくれる存在・・・

でも、彼の孤独は死ねないことではなく

殺してくれるというか、

自分を消滅させる存在を愛したときにはじまるんですよね。

愛している・・愛おしい存在

自分より先に死んでしまうことが決まっている運命

できることなら最後までその存在と共にしたいという当たり前のことは

永遠にかなわない夢なんですよね

なぜならその存在が消滅したあとサミアに待っているのは永遠の孤独なんですから・・・・・・




たとえば自分が誰とも語ることなく一日過ごせるかという孤独感を考えたら

サミアのように永遠の孤独をあたしは受け止めることはできない


でも自殺することも許されない罪(死ねないこと)はすごく恐ろしい終身刑だと思います


結局サミアを消滅させることのできる期限のぎりぎりがきた瞬間

友則は琴に爪を当てました・・・

サミアは本当にやっとこれで救われる救われたのですが・・・

残されたものは悲しさとやりきれなさと安堵でした・・・



いい作品でした。





拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People