忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それなりに真剣なんです。 上(麻生 海 )

それなりに真剣なんです。 上 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
麻生 海 (著)






(あらすじ)

大沢直樹は小料理屋「今井」で料理人として働きながら一人娘・千都を育てるシングルファーザー。恋という感情はとっくに忘れた日々を送っている。そんな大沢を現在口説いているのが、「今井」の常連・吉岡誠一。名前を裏切るかのような恋多き男からの誘いをいなしていた大沢だったが、吉岡と同居することになって…。オトナの恋を描いた大人気作ついにコミックス化!



麻生さんの挿絵は好きなので、お話の評判も良いし

なにより・・・ペーパーがつくと言うので買ってきました(笑)

感想はすごく買ってよかったほんです。

なにより上下で発売されてちゃんと完結されているので次を待つというじれじれ感がなかったですしね。

年齢がいくと待てなくなるものなんですと言ってみたりして・・・


恋の上手な男がはまったのは頑ななシングルファーザー
ゆっくり、そして深く恋をして・・・

と帯には書かれていたんですが、

吉岡さんを見る限り恋には上手という感じがしませんでした。

逆に不器用だからこそ、あんなに優しくて鷹揚なんじゃないかなぁと思ったりします。

まぁ恋する回数は多いし、自分の魅かれたという気持ちを隠さない人なんで

傍からみたら恋多き男なんでしょうね。

生い立ちというか、吉岡の背景を書かれているので

そうなっちゃうのもしかんたないのかなと思わせます。

そして、その吉岡に惚れられた男は

吉岡が通う行きつけの小料理屋さん「今井」で料理人している大沢です。

大沢は子どもを育てながら仕事もしておりますし、

生来真面目なたちの様でもういっぱいいっぱいの時間をつかって生活しているので

恋をする間もないし

妻との諍いに疲れているので恋に臆病になっているせいか

なかなか自分の気持ちに気が付きません。

普通なら吉岡に育児やら、家事やら協力してもらって

心地よい時間をふたりで味わうことができるとなったら簡単に恋に堕ちちゃいそうなんですけどね。

子どもの病気をきっかけにして、吉岡と同居(仮)することになり

料理屋で見せるだけとは違う吉岡の側面をしって

どんどん吉岡に引き付けられていく大沢も可愛かったですし

大沢も吉岡と過ごすことによて、なにかが癒され満たされていくせいか

どんどん雰囲気が変わっていくのが楽しめれた一冊です。


そして、特筆ものは大沢の子供の千都ちゃん。

可愛らしいし、いじらしいし本当にいい子です。

実際に子育て経験してきましたが、ああいう良い子を育ててないあたしには眩しかった(笑)


ゆっくりと恋する二人を堪能したいかたはどうぞ~





拍手[3回]

CIMG0681_R.jpg                                                                                 











↑クリックしてくださったら大きくなると思います。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People